[新製品・サービス]

群馬県安中市、市業務にAI-OCRとRPAを適用する実証実験、NTT東日本と年内に開始

2019年9月3日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

群馬県安中市とNTT東日本は2019年9月3日、安中市の業務をAI-OCR(光学文字読み取り)とRPA(ロボットによる業務自動化)で効率化する実証実験を実施すると発表した。2019年内に実施する予定。対象の業務は未定だが、2社協議のうえ別途決定する。

 群馬県安中市とNTT東日本は、行政実務におけるAI-OCRとRPAの有効性を検証する(図1)。AI-OCRとRPAに適した業務(定型反復業務)を抽出し、当該業務に適用する。ソフトウェアはNTT東日本が提供する。

図1:群馬県安中市が取り組むAI-OCRとRPAの実証実験の概要(出典:群馬県安中市、NTT東日本)図1:群馬県安中市が取り組むAI-OCRとRPAの実証実験の概要(出典:群馬県安中市、NTT東日本)
拡大画像表示

 安中市は、実証実験で得られたデータと知見を踏まえ、AI-OCRとRPAの本格導入について検討する。NTT東日本は、自治体業務でのAI-OCRとRPA連携に関する知見を得ることで、他の自治体への提案など事業への波及を目指す。

 背景には、市の業務にAI-OCRとRPAが有効であるという状況がある。市民向けの窓口業務における書類処理や、複数にまたがるシステム間でのデータの転記などで、市職員による手作業が数多く発生している。また、紙帳票を用いた業務や、システム化に向かないパソコンを利用する定型業務も、多く存在している。

関連記事

Special

-PR-

群馬県安中市、市業務にAI-OCRとRPAを適用する実証実験、NTT東日本と年内に開始群馬県安中市とNTT東日本は2019年9月3日、安中市の業務をAI-OCR(光学文字読み取り)とRPA(ロボットによる業務自動化)で効率化する実証実験を実施すると発表した。2019年内に実施する予定。対象の業務は未定だが、2社協議のうえ別途決定する。

PAGE TOP