システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

SCSK、現場部門の個別業務を改善するSIサービス「働き方改革ラボ」を開始

2019年9月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SCSKは2019年9月5日、ユーザー企業の現場業務を改善するサービス「働き方改革ラボ」を発表、同日提供を開始した。アセスメントを実施した上で、RPA(ロボットによる業務自動化)やAI-OCR(光学文字読み取り)、超高速開発といったツール群を適用して、現場の業務効率を高める。販売目標は、今後3年間で300社。

 働き方改革ラボは、ユーザー企業の現場業務を改善するサービスである(図1、記事末の表1)。現場の個別業務についてアセスメントを実施した上で、対応方針を策定し、業務の改善につながる製品サービスを選定する。現場部門や情報システム部門の業務量を増やすことなく、SCSKが第2の情報システム部門となってシステム化を支援する。アジャイル開発によってアプリケーションのプロトタイプも作成する。

図1:働き方改革ラボの概要(出典:SCSK)図1:働き方改革ラボの概要(出典:SCSK)
拡大画像表示

 背景には、ユーザー企業の現場には、現場固有の業務があり、これらの改善については個別最適となっているという状況がある。現場で独自に作成したアプリケーションが、ドキュメントもないまま引き継がれ、運用がブラックボックス化している。今回提供する働き方改革ラボでは、こうした現場の業務課題を改善する。

 サービスの提供時に利用予定の製品サービスは4つ。(1)「CELF」(SCSK製)は、RPAソフトである。(2)「FastAPP」(SCSK製)は、クラウド上でWebアプリケーションを超高速に開発できるツールである。(3)「DX Suite」(AI inside製)は、AI-OCRソフトである。(4)「AgileWorks」(エイトレッド製)は、ワークフローソフトである。

 SCSKが挙げる、働き方改革ラボの導入効果は、以下の通り。

  1. 全体最適による現場個別業務の効率化を実現
  2. システム化により属人化を解消
  3. 個人情報を含む情報もシステムで一元管理し、適切な権限設定によるセキュリティ担保を実現
  4. 集積データのリアルタイム参照により、スピード感ある経営判断を支援
  5. アジャイル開発によるシステム開発で生産性の向上を実現
表1:「働き方改革ラボ」のサービス内容
サービス内容 サービスの概要
現場個別業務すべてのアプリケーションを対象にアセスメントを実施 アプリケーション調査やヒアリングなどで、現場で構築・利用して非公式なアプリケーションや独自のアプリケーションを洗い出し、全量での可視化および現状課題の整理を実施する
全体最適による対応方針の策定と製品サービスの選定 一部分の生産性・効率性の向上となる個別最適だけでなく、組織、システム全体として生産性・効率性が向上するか、全体最適の観点で対応方針を策定し、適切な製品・サービスを選定する
最適な製品サービスの適用によるDXの実現 SCSKの自社製品サービスに限らず、すでにユーザーが導入済みのシステムも含めて検討し、業務に適した製品サービスを適用する
現場担当者や情シス部門に代わるITスキルを持ったリソースの提供 現場部門および情報システム部門の業務量を増やすことなく、「働き方改革ラボ」がユーザーにとっての第2の情報システム部門として、全体最適によるシステム化を実施する
アジャイル開発によるプロトタイプ作成で、認識の齟齬なく高速にシステムを構築 アジャイル開発型を採用し、SCSKの「CELF」や「FastAPP」の特性を生かしたノンコーディングによるプロトタイプを作成する
関連記事

Special

-PR-

SCSK、現場部門の個別業務を改善するSIサービス「働き方改革ラボ」を開始SCSKは2019年9月5日、ユーザー企業の現場業務を改善するサービス「働き方改革ラボ」を発表、同日提供を開始した。アセスメントを実施した上で、RPA(ロボットによる業務自動化)やAI-OCR(光学文字読み取り)、超高速開発といったツール群を適用して、現場の業務効率を高める。販売目標は、今後3年間で300社。

PAGE TOP