開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

エンバカデロ、Web画面開発JSフレームワーク「Sencha」新版、プレーンHTMLから利用可能に

2019年9月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

エンバカデロ・テクノロジーズは2019年9月9日、Webアプリケーション画面を開発するJavaScriptフレームワークの新版「Sencha Ext JS 7.0」を発表、同日提供を開始した。新版では、任意のフレームワークに組み込めるコンポーネント「ExtWebComponents」を用意した。

 Sencha Ext JSは、Webアプリケーション画面を開発するためのJavaScriptフレームワークである(画面1)。アピールポイントとして、PCからスマートフォンまでWebブラウザの環境に応じて表示を自動的に最適化すること、数千から数百万行単位のデータを効率よく扱えること、画面のビジュアル開発やテストなどWebアプリケーション開発の一連の工程を包括的に支援すること、などを挙げている。

画面1:Sencha Ext JSのビジュアル開発画面(出典:エンバカデロ・テクノロジーズ)画面1:Sencha Ext JSのビジュアル開発画面(出典:エンバカデロ・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 新版では、Sencha Ext JS以外のフレームワークに組み込んで利用できるコンポーネントとして、ExtWebComponentsを用意した(画面2)。React、Angular、VueなどのJavaScriptフレームワークや、フレームワークのないプレーンHTMLに組み込んで利用できる(画面2)。ExtWebComponentsによって、115個以上のUI部品やバックエンド接続機能などを利用できる。ExtWebComponentsは、単品でも購入できるほか、Sencha Ext JSの上位エディション「Enterprise」に付帯する。

画面2:HTML内にSencha Ext JSのコンポーネントを組み込める(出典:エンバカデロ・テクノロジーズ)画面2:HTML内にSencha Ext JSのコンポーネントを組み込める(出典:エンバカデロ・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 Sencha Ext JSは、Web画面の開発に必要なコンポーネントやバックエンド接続のためのコンポーネントを一通り揃えている。しかし、従来、Sencha Ext JSのコンポーネントを利用するためには、Sencha Ext JSフレームワークをベースにしたアプリケーション開発をする必要があったという。今回、これを改善し、任意のフレームワークからもSencha Ext JSのコンポーネントを利用できるようにした。

 新版ではまた、デスクトップとモバイルの両方に対応するアプリケーションを1つのソースコードで開発できる「Modernツールキット」を強化した。グリッド表示、ツリー表示、アコーディオンパネル、チェックボックス、ラジオボタンなどのコンポーネントも操作性を改善した。また、グローバルで使うアプリケーションを開発できるように、日本語をはじめとした10カ国語のローカライズも追加した。

 価格(税別)は、標準エディションの「Pro」が5ユーザーで89万円、ピボットグリッドなどが使える上位エディションで、新製品のExtWebComponentsを含んだ「Enterprise」が5ユーザーで130万円。これらには、ビジュアル開発ツールの「Sencha Architect」が含まれる。テストツールは別途、周辺ソフトとして「Sencha Test」がある。Sencha Testは、5ユーザーで年額34万7000円。

関連記事

Special

-PR-

エンバカデロ、Web画面開発JSフレームワーク「Sencha」新版、プレーンHTMLから利用可能にエンバカデロ・テクノロジーズは2019年9月9日、Webアプリケーション画面を開発するJavaScriptフレームワークの新版「Sencha Ext JS 7.0」を発表、同日提供を開始した。新版では、任意のフレームワークに組み込めるコンポーネント「ExtWebComponents」を用意した。

PAGE TOP