アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

NIコンサルティングが新グループウェア「NI Collabo 360」、企業間でグループウェアを連携

2019年9月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NIコンサルティングは2019年9月9日、Webポータル型のグループウェアソフト「NI Collabo 360(エヌアイ・コラボ・スリーシックスティ)」を発表した。2019年10月1日から提供する。旧製品「NI Collabo Smart」のアップデート版にあたり、新機能の追加に合わせて製品名を改称した。価格(税別)は、クラウド版が1ユーザー月額360円、ソフトウェアパッケージ版が5万8000円(10ユーザー)から。

 NI Collabo 360(旧称はNI Collabo Smart)は、Webポータル型のグループウェアソフトである。スケジュール管理、ファイル共有、社内SNSなどの一般的な機能に加え、ワークフロー、経費精算、テレワーク支援、社員の安否確認といった機能も標準で搭載する。NIコンサルティングの営業支援システム(SFA/CRM)や、他社製の財務会計システム、勤怠管理システムなどとも連携できる。

 新機能の「コラボリンク」を使うと、複数のユーザー企業が使っている「NI Collabo 360」同士を連携できる。ユーザー企業各社は、自社のグループウェアを利用しながら、必要な人が、必要な機能だけ、適切な操作権限で、双方の情報を共有できる。

 背景には、中小企業において事業承継策としてのM&Aが加速しているという状況がある。企業と企業を結び、働く人たちを結びつける経営情報基盤に対する需要が拡大している。これを受けて、中小企業のグループ間連携を容易にする新機能としてコラボリンクを追加した。

 コラボリンク機能によって可能になる業務の例は、以下の通り。

  • 企業をまたいでワークフローの承認経路を設定(役員が兼務している、親会社の承認が必要、グループ会社に業務を受け渡すなど)
  • 企業をまたいでスケジュールやプロジェクトなどを共有(役員が兼務している、複数社合同でプロジェクトを進めるなど)
  • SFAがあれば、企業をまたいで顧客情報や商談履歴情報、製品クレームや要望を共有(グループ各社で同じ顧客ターゲットに営業している、製造と販売を分社化しているなど)
関連記事

Special

-PR-

NIコンサルティングが新グループウェア「NI Collabo 360」、企業間でグループウェアを連携NIコンサルティングは2019年9月9日、Webポータル型のグループウェアソフト「NI Collabo 360(エヌアイ・コラボ・スリーシックスティ)」を発表した。2019年10月1日から提供する。旧製品「NI Collabo Smart」のアップデート版にあたり、新機能の追加に合わせて製品名を改称した。価格(税別)は、クラウド版が1ユーザー月額360円、ソフトウェアパッケージ版が5万8000円(10ユーザー)から。

PAGE TOP