開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

ふくおかフィナンシャルグループ、次世代勘定系システムをGCPで稼働

2019年9月24日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ふくおかフィナンシャルグループは2019年9月24日、勘定系システムの構築基盤としてGoogle Cloud Platform(GCP)を採用すると発表した。システム開発子会社のゼロバンク・デザインファクトリーが研究開発している次世代バンキングシステムの基盤としてGCPを利用する。

 ふくおかフィナンシャルグループは、システム開発子会社のゼロバンク・デザインファクトリーを通じて、2019年5月に次世代バンキングシステムの研究開発を開始している。2019年8月には、「デジタルネイティブバンク」を標榜する新しい形の新銀行の設立に向けた準備に着手している。

図1:GCP上に構築する勘定系システムのイメージ(出典:ふくおかフィナンシャルグループ)図1:Google Cloud Platform上に構築する勘定系システムのイメージ(出典:ふくおかフィナンシャルグループ)
拡大画像表示

 今回、次世代バンキングシステムの中核を担う勘定系システムを構築する基盤として、パブリッククラウドであるGoogle Cloud Platform(GCP)を採用すると発表した(図1)。GCP上に勘定系システムを構築することで、システム運用コストの最適化を図るとともに、マイクロサービスを活用して金融機能ごとにサービスを切り出せるようにする。金融機能・商品をAPIを通じて各種の事業者にサービスとして提供する「BaaS」(Banking as a Service)も実現する。

 ふくおかフィナンシャルグループはGCPを評価し、Google Kubernetes Engine、Spanner、BigQueryなどのサービスが、デジタルネイティブバンクの基本コンセプトに合致するとしている。さらに、銀行に求められる可用性や耐障害性などのミッションクリティカルな要件を柔軟にスケールできると判断している。

●Next:ふくおかフィナンシャルグループが近年行った取り組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

ふくおかフィナンシャルグループ / ERP / Google Cloud Platform

関連記事

Special

-PR-

ふくおかフィナンシャルグループ、次世代勘定系システムをGCPで稼働ふくおかフィナンシャルグループは2019年9月24日、勘定系システムの構築基盤としてGoogle Cloud Platform(GCP)を採用すると発表した。システム開発子会社のゼロバンク・デザインファクトリーが研究開発している次世代バンキングシステムの基盤としてGCPを利用する。

PAGE TOP