[新製品・サービス]

日立、VDI構築サービスを刷新、オンプレとクラウドのVDI環境を同一の運用ポリシーで利用可能に

2019年9月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2019年9月25日、オンプレミスとパブリッククラウド双方のVDI(デスクトップ仮想化)環境を統一した運用ポリシーで利用できるVDIサービス「ハイブリッドクラウド型VDIソリューション」を発表した。オンプレミスを対象とした既存サービスのオプションとして、パブリッククラウドにオンプレミス同様のVDI環境を用意するサービスを追加した。クラウド拡張オプションは、2019年9月30日から提供する。

 ハイブリッドクラウド型VDIソリューションは、ユーザーの需要に合わせたVDI環境を構築して提供するサービスである。VDI機能を担うOS/ミドルウェアと、サーバーやストレージなどのハードウェアを自由に組み合わせてVDI環境を構築できる。ユーザー専用のサポート窓口も用意し、VDI環境の監視や障害発生時の警告発信などを日立製作所が実施する。

図1:ハイブリッドクラウド型VDIソリューションの概要(出典:日立製作所)図1:ハイブリッドクラウド型VDIソリューションの概要(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 今回、オンプレミスにVDI環境を構築する基本サービスのオプションとして、オンプレミスのVDI環境と同等のVDI環境をパブリッククラウド上に構築するサービスを用意した(図1)。これによりユーザーは、オンプレミスとパブリッククラウド双方のVDI環境を、統一した運用ポリシーで利用できるようになる。DaaSを利用したくてもDaaSの運用ポリシーが企業のITガバナンス方針と合わないという問題が解消する。

 例えば、開発プロジェクトなどにおける急なVDIユーザーの増員の際に、パブリッククラウドを活用してコストを抑えつつ、同じ運用ポリシーのVDI環境を準備できるようになる。2019年第4四半期には災害対策用メニューを用意する。オンプレミス上で普段利用しているVDI環境が災害などで利用不可能となった場合に、パブリッククラウド上の災害対策用VDI環境に切り替えて業務を継続可能とする。

 これまで提供してきたオンプレミスでのVDI構築サービスの名称は「オンプレミスVDIサービス」である。課金形態に応じて、売り切り型の「かんたんVDIモデル」と、月額課金で利用できる「かんたんPrivate DaaS」の2種類を用意している。一方、新たに用意したクラウドでのVDI構築サービスの名称は「クラウド拡張オプション for Microsoft Azure」である。クラウド拡張オプションではまず、パブリッククラウド基盤としてAzureを利用する。他のパブリッククラウドへの対応は計画中。

 価格は、いずれの場合も個別見積もり。

関連記事

Special

-PR-

日立、VDI構築サービスを刷新、オンプレとクラウドのVDI環境を同一の運用ポリシーで利用可能に日立製作所は2019年9月25日、オンプレミスとパブリッククラウド双方のVDI(デスクトップ仮想化)環境を統一した運用ポリシーで利用できるVDIサービス「ハイブリッドクラウド型VDIソリューション」を発表した。オンプレミスを対象とした既存サービスのオプションとして、パブリッククラウドにオンプレミス同様のVDI環境を用意するサービスを追加した。クラウド拡張オプションは、2019年9月30日から提供する。

PAGE TOP