[市場動向]

IBM、53量子ビットの量子コンピュータを1カ月以内に商用サービス化

2019年9月30日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2019年9月30日、「IBM量子コンピュテーション・センター」を米国ニューヨーク州に開設し、オンラインで利用できる商用の量子コンピュータを10台用意したと発表した。1カ月以内に量子コンピュータを14台に増やす予定である。この中には、53量子ビットのシステムが含まれる。米IBMが2019年9月18日(米国現地時間)に発表したリリースの抄訳として発表した。

 IBM量子コンピュテーション・センターは、登録ユーザーがオンラインで利用できる商用の量子コンピュータを提供する設備である。15万人の登録ユーザーと80社に近い法人クライアント、学術機関、研究所などが利用する。これらのコミュニティは2016年以降、クラウドを通じてIBMの量子コンピュータ上で1400万件を超える実験を行い、200本を超える学術論文を発表している。

 米IBMは今回、米国ニューヨーク州にIBM量子コンピュテーション・センターを開設した。オンラインで利用できる10台の量子コンピュータを用意した。内訳は、20量子ビットのシステムが5台、14量子ビットのシステムが1台、5量子ビットのシステムが4台である。このうちの5台は、量子ボリューム(量子コンピュータの性能を示す指標)が16に達しているという。

 1カ月以内に、商用量子システム群を14台に増やす。この中には、53量子ビットの量子コンピュータが含まれる。53量子ビットは、外部利用可能なシステムとして、単体で最大の汎用量子システムとなる。これを使うことで、ユーザーは量子のもつれや接続性に関する、より複雑な実験を実行できる。

関連記事

Special

-PR-

IBM、53量子ビットの量子コンピュータを1カ月以内に商用サービス化日本IBMは2019年9月30日、「IBM量子コンピュテーション・センター」を米国ニューヨーク州に開設し、オンラインで利用できる商用の量子コンピュータを10台用意したと発表した。1カ月以内に量子コンピュータを14台に増やす予定である。この中には、53量子ビットのシステムが含まれる。米IBMが2019年9月18日(米国現地時間)に発表したリリースの抄訳として発表した。

PAGE TOP