[市場動向]

同一空域で複数事業者のドローン運航を可能に、NEDOが試験環境を公開

2019年10月3日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年10月3日、「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市・浪江町)において、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するために必要な運航管理システムを設置し、APIを公開したと発表した。NEDOプロジェクトに参画していない一般のドローン事業者でも、APIを介して相互接続試験を行えるようになった。

 NEDOは、福島ロボットテストフィールドの総合管制室に、複数のドローン事業者が情報を共有するために必要な運航管理統合機能のサーバーを設置し、2019年8月30日に稼働させた(図1)。さらに、先般公開した運航管理システムのAPIについて、利用規約を整備した。これにより、NEDOプロジェクトに参画していない一般のドローン事業者でも、APIを介して運航管理システムと相互に接続できるようになった。相互接続試験の実施期間は2020年2月までを予定する。

図1:福島ロボットテストフィールドの総合管制室と運航管理統合機能サーバーの様子(出典:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、NEC、NTTデータ、日立製作所、福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構)図1:福島ロボットテストフィールドの総合管制室と運航管理統合機能サーバーの様子(出典:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、NEC、NTTデータ、日立製作所、福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構)
拡大画像表示

 運航管理システムでは、ドローン事業者が運用する「運航管理機能」を、「運航管理統合機能」にAPIを介して接続する(図2)。これにより、ドローンの飛行計画やリアルタイムの飛行状況、飛行禁止空域など空域の安全に関する情報を、他のドローン事業者と共有できるようになる。

図2:運航管理システムの構成例(出典:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、NEC、NTTデータ、日立製作所、福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構)図2:運航管理システムの構成例(出典:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、NEC、NTTデータ、日立製作所、福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構)
拡大画像表示

 相互接続試験に参加を希望する場合は、運航管理システムAPI提供Webサイト(https://drone-trafficmanagement.jp/)において、ユーザー登録、API仕様書のダウンロード、および参加希望の連絡が必要になる。

 相互接続試験の環境は、NEDO、NEC、NTTデータ、日立製作所の4組織が、福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力の下で構築した。今後、NEDO、NEC、NTTデータ、日立製作所の4組織は、2020年2月まで運航管理システムのサーバーを稼働させる。100フライト/時間・平方キロメートルのドローンを飛行させる相互接続試験などを行い、運航管理システムの機能検証を実施する。

 なお、相互接続試験は、2017年11月22日にNEDOと福島県が締結した「ロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」、および2019年4月10日にNEDOと福島県南相馬市が締結した「福島ロボットテストフィールド等を活用したロボット関連人材育成等に関する協力協定」に基づいて実施する。

関連記事

Special

-PR-

同一空域で複数事業者のドローン運航を可能に、NEDOが試験環境を公開国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年10月3日、「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市・浪江町)において、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するために必要な運航管理システムを設置し、APIを公開したと発表した。NEDOプロジェクトに参画していない一般のドローン事業者でも、APIを介して相互接続試験を行えるようになった。

PAGE TOP