[新製品・サービス]

日立、防犯カメラ映像から特定人物を1秒以内に発見し、移動経路を追跡できるサービスを提供

2019年10月4日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所と日立産業制御ソリューションズは2019年10月4日、防犯カメラなどの映像に映った人物の中から、性別、年齢層、服装など100項目以上の全身特徴を使って特定人物を高速に発見・追跡できるサービス「高速人物発見・追跡ソリューション」を発表した。日立産業制御ソリューションズが製品化し、2019年10月7日から販売する。価格は、個別見積もり。

 高速人物発見・追跡ソリューションは、防犯カメラに映った人物の中から、特定人物を高速に発見し、追跡するサービスである(図1)。数万人規模の映像解析データに対して1秒以内で特定人物を検索・発見し、防犯カメラの位置情報や撮影時刻を利用して移動経路を追跡する。性別、年齢層、服装など、100項目以上の全身特徴から人物を特定する。映像から顔を識別できない場合でも、人物特徴から発見・追跡できる。

図1:「高速人物発見・追跡ソリューション」の概要(出典:日立製作所、日立産業制御ソリューションズ)図1:「高速人物発見・追跡ソリューション」の概要(出典:日立製作所、日立産業制御ソリューションズ)
拡大画像表示

 日立産業制御が提供する「フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム」上に、「高速人物発見・追跡機能」として実装し、提供する。本プラットフォーム上で、「エリア侵入検知」や「荷物置き去り検知」といった各種の検知機能と組み合わせることで、特定のインシデントの検知から特定人物の発見・追跡まで、監視業務を一元的にカバーできる。

 典型的な用途として、駅や空港、商業施設において、不審者や迷子を早期に発見できる。警察や自治体などの公共機関において、防犯カメラ映像の目視による監視業務や、記録映像の確認業務の負荷を軽減できる。警備の高度化にもなる。

 さらに、セキュリティ分野だけでなく、工場や物流現場における作業者の行動分析、商業施設や公共施設における来場者の行動分析などにも応用できる。海外向けには、米Hitachi Vantara(日立ヴァンタラ)を中心に、本製品を活用したサービスを提供する。

関連記事

Special

-PR-

日立、防犯カメラ映像から特定人物を1秒以内に発見し、移動経路を追跡できるサービスを提供日立製作所と日立産業制御ソリューションズは2019年10月4日、防犯カメラなどの映像に映った人物の中から、性別、年齢層、服装など100項目以上の全身特徴を使って特定人物を高速に発見・追跡できるサービス「高速人物発見・追跡ソリューション」を発表した。日立産業制御ソリューションズが製品化し、2019年10月7日から販売する。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP