[新製品・サービス]

GMOとAVILEN、ディープラーニングの導入をハード/ソフト両面で支援するプログラムを提供

2019年10月4日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

GMOインターネットとAVILENは2019年10月3日、GPUコンピューティング基盤を用いたディープラーニングの活用をソフトウェアとハードウェアの両面で支援するプログラム「GNAプログラム」を発表した。特定の条件をクリアした企業に対し、GPU環境を低価格で提供するほか、研修サービスを無償で提供する。

 GNAプログラムは、ディープラーニングを活用したい企業を、ソフトウェアとハードウェアの両面で支援するプログラムである。まず、ハードウェア面の支援として、ディープラーニング向けのGPU基盤をクラウド型で提供する「GPUクラウド byGMO」を1カ月~1年間、特別価格で提供する。

 ソフトウェア面の支援としては、AI導入コンサルティング、課題解決に必要なパートナ企業の紹介や他社事例の紹介、技術的なアドバイスやソフトウェア環境の選定、環境構築サポート、技術者トレーニング、などを提供する。

 技術者トレーニングとしては、AVILENが提供している講座を無償で提供する。まずは、「Python入門講座」、「Python機械学習入門」、「Tensorflowで学ぶCNN実装入門」の3つの講座を提供する。例えば、Tensorflowで学ぶCNN実装入門では、CNN(畳み込みニューラルネットワーク)のメカニズムの解説と、Tensorflowを用いた実装をハンズオン形式で実施する。講座は、順次内容をアップデートしていく予定である。

 GNAプログラムを利用するための条件は、ディープラーニングの導入やGPUの活用について計画やロードマップを提示すること、勉強会やセミナーへの登壇、事例紹介などに協力すること、定期的なキープアップの設置、該当する取り組みや進捗についての情報共有、GPUクラウド byGMOのサービスに関するフィードバック協力、である。

 なお、GPUコンピューテイング基盤のGPUクラウドby GMOは、米NVIDIAのGPU「NVIDIA Tesla V100」を搭載した物理サーバーを、ベアメタルサーバーとしてクラウド経由で提供するサービスである。サーバー間接続にはInfiniBand EDRを使っており、分散ファイルシステム「Lustre」を組み合わせている。

関連記事

Special

-PR-

GMOとAVILEN、ディープラーニングの導入をハード/ソフト両面で支援するプログラムを提供GMOインターネットとAVILENは2019年10月3日、GPUコンピューティング基盤を用いたディープラーニングの活用をソフトウェアとハードウェアの両面で支援するプログラム「GNAプログラム」を発表した。特定の条件をクリアした企業に対し、GPU環境を低価格で提供するほか、研修サービスを無償で提供する。

PAGE TOP