[新製品・サービス]

現場向けのBIソフト「Qlik Sense」にクラウド版「Qlik Sense Business」が登場

2019年10月9日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クリックテック・ジャパンは2019年10月9日、現場担当者向けのビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「Qlik Sense」の機能をSaaS型クラウドサービスとして利用できるサービス「Qlik Sense Business」を発表した。価格は、1ユーザーあたり月額30ドル。開発会社は、米Qlik Technologies。

 Qlik Sense Businessは、Web型で動作する現場向けBIソフト「Qlik Sense」を、SaaS型クラウドサービスの形で提供するサービスである。デスクトップ版のQlik Senseと同様の機能を、クラウド上で利用できる。データを取り込んでデータを探索しながら分析したり、作成した分析画面をチームメンバーと共有したりできる。

 Qlik Sense Business以前にも、「Qlik Sense Cloud Business」というクラウドサービスがあった。しかし、こちらはデスクトップ版のQlik Senseと組み合わせて使うサービスであり、作成した分析画面を共有する使い方しかできなかった。今回、Qlik Sense Cloud Businessの後継サービスとして、Qlik Senseの機能をSaaS型で利用できるQlik Sense Businessを用意した形である。

 なお、前提となるQlik Senseは、現場のエンドユーザーが日々の意思決定に利用する使い方を想定したBIソフトである。簡単に使えることを追求している。分析したいデータを設定する作業を含めて、IT部門の手を借りることなく、現場のエンドユーザーが自らセルフサービス型で利用できるようにしている。

 他のBIソフトと比べた特徴の1つは、業務サーバー上にある生のデータをそのまま取り込んで正規化し、インメモリーで高速に検索/分析する点である。生データに対して直観的な思考でデータを検索する(表やグラフをクリックしていく)というデータ探索型の操作によって、データに潜む業務上の課題を発見できる。

 データの探索を容易にしている特徴の1つが、データの意味を自動で判断する連想技術である。あるカラムと別のカラムが同じものを示しているといった知識を基に、データ同士の関係を自動で認識できる。

 今回、Qlik Sense Businessの発表に合わせて、Qlik Senseの中核機能もアップデートした。新たに、NLP(自然言語処理)機能を追加した。これまでのインタフェースに加えて、自然言語による検索ができるようになった。自然言語による探索文字列を解析し、検索条件をもとにユーザーの意図を理解し、正しいデータとインサイト(洞察)を提供するとしている。

関連記事

Special

-PR-

現場向けのBIソフト「Qlik Sense」にクラウド版「Qlik Sense Business」が登場クリックテック・ジャパンは2019年10月9日、現場担当者向けのビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「Qlik Sense」の機能をSaaS型クラウドサービスとして利用できるサービス「Qlik Sense Business」を発表した。価格は、1ユーザーあたり月額30ドル。開発会社は、米Qlik Technologies。

PAGE TOP