[新製品・サービス]

日立社会情報サービス、Excelを活用した分析業務をセルフサービスBIで高度化するサービス

2019年10月9日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立社会情報サービスは2019年10月9日、Excelを活用した分析業務を高度化;効率化するサービス「超xls(エックスエルエス)サービス」を発表、同日提供を開始した。既存のExcelデータをそのまま生かしながらセルフサービス型BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトで分析できるようにする要素一式をパッケージ化して提供する。価格(税別)は、年額144万円から。日立システムズが運営するSaaS/クラウドサービスのネットショッピングサイト「オープンクラウドマーケットプレース」で販売する。

 超xlsサービスは、日頃使っているExcelファイルをそのままの形で生かしつつ、このExcelファイルをセルフサービス型のBIソフトでも分析できるようにするパッケージ製品である。これを年額制で提供する。

 必要な要素一式として、BIソフトの「Qlik Sense」(米Qlik Technologies製)、ExcelファイルをQlik Senseに取り込めるようにデータ変換するツール「セルフETLアシスタント」、Excel業務をQlik Senseでも行えるようにするQlik Sense用業務テンプレート2種をパッケージ化した。

 セルフETLアシスタントを使うと、業務で使っているExcelファイルから、1行1レコードのデータを生成できる。生成したデータは、そのままQlik Senseに取り込んで分析できる。Qlik Sense用の業務テンプレートとして、勤怠管理用のテンプレートと、業績管理用のテンプレートを提供する(図1)。

図1:働き方改革関連法案(残業時間の上限規制)対応への活用イメージ(出典:日立社会情報サービス)図1:働き方改革関連法案(残業時間の上限規制)対応への活用イメージ(出典:日立社会情報サービス)
拡大画像表示

 背景には、勤怠管理や業績管理などの身近な業務は、手段としてExcelが幅広く使われているという状況がある。また、これらの業務で発生したデータの集計・分析も、総務部門や経理部門の担当者がExcelを使って対応しているケースが少なくない。分析の下準備として複数シートのマージやデータの整形を行う作業に時間を要しており、大きな負担となっていた。

関連記事

Special

-PR-

日立社会情報サービス、Excelを活用した分析業務をセルフサービスBIで高度化するサービス日立社会情報サービスは2019年10月9日、Excelを活用した分析業務を高度化;効率化するサービス「超xls(エックスエルエス)サービス」を発表、同日提供を開始した。既存のExcelデータをそのまま生かしながらセルフサービス型BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトで分析できるようにする要素一式をパッケージ化して提供する。価格(税別)は、年額144万円から。日立システムズが運営するSaaS/クラウドサービスのネットショッピングサイト「オープンクラウドマーケットプレース」で販売する。

PAGE TOP