[新製品・サービス]

NTTデータ、マルチベンダーのITインフラ環境を一元的に運用管理するサービスを提供

2019年10月10日(木)IT Leaders編集部

NTTデータは2019年10月9日、ハイブリッドクラウド環境およびマルチクラウド環境向けのITインフラマネージドサービスの提供を開始した。運用自動化・自律化を軸にし、ITインフラを一元運用する。価格は個別見積もり。

 ITインフラマネージドサービスは、企業のIT部門が個別に運用しているオンプレミス/クラウド/サーバーレスなどの多様かつマルチベンダーのITインフラ環境を、NTTデータが一元的に運用するサービスである(図1)。

図1:サービス利用後のITインフラ運用のイメージ(出典:NTTデータ)図1:サービス利用後のITインフラ運用のイメージ(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 膨大なログデータや運用実績・管理データからノウハウを蓄積したAIエンジンを活用し、故障発生の予兆を通知するなどの予見的な運用を行う。また、自動運用エンジンと統一的なマネージメント基盤で、迅速で確実な運用を行う。

 実績を多く持つインフラディレクターとオペレーターが、企業のITインフラ運用を最適化するために、コンサルティングから運用まで一元的にサポートする。

 スマートフォン/スマートウォッチ/タブレット端末などのデバイスと、ポータルサイト/電話/チャットなどの様々なコミュニケーション手段によって、運用状況の把握や作業の依頼ができる。

 NTTデータは今後、同サービスの段階的かつ継続的な拡張を進める考えだ。また、同サービスを軸としたITインフラビジネスで、2025年度末までに年間500億円の売り上げを目標にする。

関連キーワード

NTTデータ / マルチクラウド / ハイブリッドITインフラ

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、マルチベンダーのITインフラ環境を一元的に運用管理するサービスを提供NTTデータは2019年10月9日、ハイブリッドクラウド環境およびマルチクラウド環境向けのITインフラマネージドサービスの提供を開始した。運用自動化・自律化を軸にし、ITインフラを一元運用する。価格は個別見積もり。

PAGE TOP