[市場動向]

シスコのウェスト社長「日本のカントリーデジタイゼーションに貢献していく」─2020年度戦略発表

2019年10月10日(木)五味 明子(ITジャーナリスト/IT Leaders編集委員)

シスコシステムズは2019年10月8日、2020年度の事業戦略を報道陣に向けて明らかにした。会見を行った同社 代表取締役社長のデイブ・ウェスト(Dave West)氏は「我々の目的は次世代デジタルインフラと日本の持続的成長の架け橋となること。東京2020を控えた現在、チーム・シスコジャパンとして日本の“カントリーデジタイゼーション”に貢献していきたい」と語り、好調だった2019年度の実績を上回る成長と日本社会へのさらなるコミットメントを明言している。

 シスコジャパンを率いるデイブ・ウェスト氏(写真1)はまず、2019年度における日本法人の業績を総括した。目標として掲げていた「日本のお客様、パートナー、社会とともにデジタルイノベーションを共創する」について、「お客様/パートナー、社会イノベーション、エコパートナーシップというそれぞれのドメインでいずれも大きな成長を遂げることができた」と振り返った。具体的な2019年度の実績ハイライトとして以下を挙げている。

写真1:シスコシステムズ 代表取締役社長のデイブ・ウェスト氏

●顧客/パートナー:すべての顧客担当営業部門が成長、SMB・デジタル事業新設、新しいカスタマーエクスペリエンス組織
●社会イノベーション:2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020大会)ネットワーク支援準備、ツーリズム/トラベル/トランスポーテーション取り組み拡大、オフィスリノベーション/新しいワークスタイル
●エコパートナーシップ:ソニー、リコー、日立製作所などと新たなパートナーシップ、内閣サイバーセキュリティセンターとの連携、サイバーセキュリティスカラーシッププログラムの受講者目標超過

 これらの実現にあたっては、ワイヤレススイッチ「Cisco Catalyst 9000」やクラウド管理型ワイヤレスソリューション「Cisco Meraki」、パートナーと共同で提供するマネージドサービスなど「デジタルビジネスに適した、セキュアでインテリジェントなプラットフォーム」(ウェスト氏)が支えているとしている。

 なお、ウェスト氏は会見でシスコ日本法人が2019年度の「シスコ カントリー オブ ザ イヤー」を受賞したことも明らかにした。ちょうど1年前に日本法人のトップに就任したウェスト氏(関連記事「シスコは日本社会のデジタライゼーションに貢献する」―CTO出身の新社長、デイブ・ウェスト氏)の手腕と実績がグローバルからも一定の評価を得られたことの表れと見てよいだろう。

2020年度にシスコが目指すもの

 この2019年度の実績を基に、2020年度のシスコ日本法人が目指すのは「次世代デジタルインフラストラクチャと日本の持続的成長の架け橋となる」(ウェスト氏)ことだ。

 同氏は「日本の“カントリーデジタイゼーション”に貢献していく」として(図1)、現状の日本および日本企業が抱える重要課題として、少子高齢化やデジタルトランスフォーメーション(DX)といった市場全体のメガトレンドと、個々の企業が抱えるITインフラの複雑化やセキュリティ、働き方改革といったハードルがあるとしたうえで、これらの課題解決のために、以下の3つを重点戦略に掲げて取り組んでいくとしている。

●顧客/パートナーとの関係深化:顧客セグメントごとに特化した事業モデルの展開(情報通信産業事業、エンタープライズ事業、法人事業、公共事業)、SMB・デジタル事業
●日本のカントリーデジタイゼーション:東京2020大会、政府が掲げるSociety 5.0のサポート、5Gにおけるリーダーシップ
●ライフサイクル全体のエクスペリエンス:エンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンス、ソフトウェアとサブスクリプション(マネージドサービス)

図1:シスコが政府と協調して進める日本のカントリーデジタイゼーション(出典:シスコシステムズ)
拡大画像表示

 また、顧客企業が抱える課題解決にあたっては、テクノロジベンダーとして以下の4つのアプローチを強化していくという。

●クラウドシフトやクラウドネイティブを推進する「アプリケーションの再構築」
●東京2020大会への攻撃を含む数多くの脅威からの「データの保護」
●レガシーからのリプレースを推進する「インフラストラクチャの推進」
●働き方改革の実践や社内外のコラボレーションによる「チームのエンパワー」

●Next:シスコの言う「チーム」は社内だけではない

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

Cisco Systems / デジタルトランスフォーメーション

関連記事

Special

-PR-

シスコのウェスト社長「日本のカントリーデジタイゼーションに貢献していく」─2020年度戦略発表シスコシステムズは2019年10月8日、2020年度の事業戦略を報道陣に向けて明らかにした。会見を行った同社 代表取締役社長のデイブ・ウェスト(Dave West)氏は「我々の目的は次世代デジタルインフラと日本の持続的成長の架け橋となること。東京2020を控えた現在、チーム・シスコジャパンとして日本の“カントリーデジタイゼーション”に貢献していきたい」と語り、好調だった2019年度の実績を上回る成長と日本社会へのさらなるコミットメントを明言している。

PAGE TOP