[新製品・サービス]

JFEシステムズ、SAP向け経営分析テンプレート 「KPIMart」に新版、ROIC経営管理に対応

2019年11月8日(金)IT Leaders編集部

JFEシステムズは2019年11月7日、自社開発のSAPユーザー向け経営分析テンプレート「KPIMart」の最新版として、ROIC(Return On Invested Capital:投下資本利益率)経営管理に対応した「KPIMart ROIC Model」を発表した。2020年年初から販売する。

 KPIMartは、BIツール「SAP BusinessObjects」をベースにして、SAP ERPのデータ構造を前提に定義した経営分析向けテンプレートである(図1)。2009年に販売を開始しており、2019年6月にはSAP S/4HANA対応版をリリースしている。

図1:KPIMartの機能概念図(出典:JFEシステムズ)図1:KPIMartの機能概念図(出典:JFEシステムズ)
拡大画像表示

 さらに今回、2018年のコーポレートガバナンス・コード一部改定で注目されている「ROIC経営」を実現するための機能として、データウェアハウスにSAP HANAを採用したKPIMart ROIC Modelを開発した。

 KPIMart ROIC Modelは、管理会計向けに、SAP S/4HANAのB/SデータをSAP HANAのインメモリー上で高速に事業別に分割する。さらに、ROICと成長性をクロスした「ROICポートフォーリオ」を経営ダッシュボードとして提供し、S&OPの評価や事業投資の意思決定を支援する。

 価格(税別)は、KPIMart BASICのソフトウェアライセンスが700万円。KPIMart ROIC Modelのソフトウェアライセンスは未定(2020年年初発表予定)。導入費用(90日導入テンプレート)は、960万円。

関連記事

Special

-PR-

JFEシステムズ、SAP向け経営分析テンプレート 「KPIMart」に新版、ROIC経営管理に対応JFEシステムズは2019年11月7日、自社開発のSAPユーザー向け経営分析テンプレート「KPIMart」の最新版として、ROIC(Return On Invested Capital:投下資本利益率)経営管理に対応した「KPIMart ROIC Model」を発表した。2020年年初から販売する。

PAGE TOP