[新製品・サービス]

セゾン情報システムズ、HULFTとパブリッククラウドを連携するオプション機能を発表

2019年11月8日(金)IT Leaders編集部

セゾン情報システムズは2019年11月7日、ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」の新機能「クラウドストレージオプション」を発表した。HULFTの操作性で、AWSなど主要なパブリッククラウドへのデータ連携を実現する。

 HULFTは、メインフレームやWindows、UNIX、Linuxなど様々なプラットフォーム間をつないでファイル転送を行うことのできるミドルウェア。すでに大手企業を中心に約9800社に導入されており、海外でも展開を図っている。

 そのHULFTが、企業へのパブッリッククラウドの普及を受けて2019年12月4日より提供を開始するのが、新機能の「クラウドストレージオプション」だ。オンプレミスとパブリッククラウド間のデータ連携を行うオプション機能となっている。

 AWS、Microsoft Azure、GCP(Google Cloud Platform)といった主要パブリッククラウドサービスのオブジェクトストレージにシームレスに連携する。例えば、基幹システム上のデータやExcel、CSV等現場のデータをHULFTでクラウドに送り、クラウド上のBI、AIに活用する、といった使い方が可能になる。

図1:HULFT クラウドストレージオプションによるクラウド連携のイメージ(出典:セゾン情報システムズ)
拡大画像表示

 通常、既存システムとクラウドを連携する場合、双方の技術に詳しいエンジニアが必要となる。クラウドストレージオプションは、従来のHULFT利用と同様の操作性でクラウド連携の処理が行える。そのため、HULFTユーザーであれば新たな技術を取得することなく、オンプレミス─クラウド間のシームレスなデータ連携が可能になる。

 対応するクラウドストレージはAmazon S3、Microsoft Azure Blob Storage、Google Cloud Storage。今回のリリースでは、クラウドストレージへのアップロードのみが可能。ダウンロードなどは、今後のバージョンアップで対応していく予定だ。

 価格は、ライセンスが30万円(税別:以下同)、保守費用は通常保守が年額4万5000円、24時間365日保守が9万円。サブスクリプションの場合、通常保守が月額1万2800円、24時間365日保守が1万6500円。

関連キーワード

HULFT / セゾン情報システムズ

関連記事

Special

-PR-

セゾン情報システムズ、HULFTとパブリッククラウドを連携するオプション機能を発表セゾン情報システムズは2019年11月7日、ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」の新機能「クラウドストレージオプション」を発表した。HULFTの操作性で、AWSなど主要なパブリッククラウドへのデータ連携を実現する。

PAGE TOP