アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

国際石油開発帝石、全社フレックスタイム制に合わせて就業管理ソフト「リシテア/就業管理」を導入

2019年11月11日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

石油・天然ガス開発企業の国際石油開発帝石(INPEX)は、社員約2000人を対象に、就業管理ソフト「リシテア/就業管理」を導入した。フレックスタイム制の対象を全社に広げた2019年4月のタイミングで稼働させた。日立ソリューションズが2019年11月11日に発表した。

 INPEXは2019年4月、働き方改革の一環で、これまで一部の社員に適用してきたフレックスタイム制の対象をオフィス勤務者全員に拡大した。しかし、従来の就業管理システムには課題があった。上司が部下全員の就業状況を把握する際に、一人ずつ検索しないと必要な情報にアクセスできないなど、就業管理上の手間がかかっていた。

 このような背景の下、INPEXは、操作性や利便性を評価し、リシテア/就業管理を導入した。社員が社員自身の就業状況を一覧で直観的に把握できる機能、上司が部下の就業状況を一画面で表示できる機能、月末の時間外労働時間を予測して上司に警告を出す機能、――などを評価した。

 リシテア/就業管理の導入効果として、日次での就業時間の入力を、社員に促せるようになった。社員はまた、最初に出てくるホーム画面で自身の就業状況を確認できるようになり、労働時間管理に対する意識が向上した。

 上司は、部下の時間外労働時間の実績を、一覧形式で簡単に確認できるようになった。また、月末の時間外労働時間を予測して上司に警告を出す機能によって、部下の月末の時間外労働時間をタイムリーに予測できるようになった。

 未入力や未承認の社員へのフォロー機能も持つ。これにより、月次の勤務実績確定までの日数を、従来の1週間以上から数日へと短縮できた。

関連記事

Special

-PR-

国際石油開発帝石、全社フレックスタイム制に合わせて就業管理ソフト「リシテア/就業管理」を導入石油・天然ガス開発企業の国際石油開発帝石(INPEX)は、社員約2000人を対象に、就業管理ソフト「リシテア/就業管理」を導入した。フレックスタイム制の対象を全社に広げた2019年4月のタイミングで稼働させた。日立ソリューションズが2019年11月11日に発表した。

PAGE TOP