[新製品・サービス]

Kofax、非構造化データを分析する新機能搭載のIAプラットフォームを発表

2019年11月13日(水)IT Leaders編集部

RPA/IA(インテリジェントオートメーション)プラットフォームを提供するKofax Japanは2019年11月13日、IAプラットフォームの最新版を発表した。センチメント分析、エンティティ抽出といった機能強化を行っている。

 IAは、人が介在する業務プロセス全体の自動化を、最新のデジタル技術などの組み合わせによって実現する手法。キャプチャソフトのリーディングカンパニーであるKofaxは、「RPA」「コグニティブキャプチャ」「プロセスオーケストレーション」「可動性とエンゲージメント」「分析」で構成されるIAプラットフォームを提供している。

図1:Kofaxのインテリジェント・:オートメーション・プラットフォーム(出典:Kofax Japan)
拡大画像表示

 今回Kofaxが、IAプラットフォームの新機能として発表したのが、新しい自然言語処理技術や機械学習技術によるセンチメント分析とエンティティ抽出。

 センチメント分析とは、相手の意図や心理を理解するための分析のこと。新機能では、メールやSNSの投稿、サポートへの問い合わせといった非構造化コンテンツを、新たな自然言語処理技術や機械学習技術により分析して、意図や感情を理解する。エンティティ抽出は、「人」「場所」「物」といった対象の実体を抽出すること。新機能では、非構造化コンテンツを分析して、対象の「人、場所、物」を自動的に特定する。

 これらの技術は、コグニティブキャプチャやRPAなどKofaxのIAプラットフォーム全体で利用可能となっている。

 KofaxのRPAは、RPAテクノロジーズに「Bizrobo!」というサービス名でOEM提供もされている。Kofax RPAやコグニティブキャプチャは既に日本化提供されており、他製品も順次日本語化される予定である。米KofaxのCEOであるレイノルズ・C・ビッシュ氏は、「2020年上半期には、日本語化されているはずだ」としている。

関連キーワード

IA / Kofax

関連記事

Special

-PR-

Kofax、非構造化データを分析する新機能搭載のIAプラットフォームを発表RPA/IA(インテリジェントオートメーション)プラットフォームを提供するKofax Japanは2019年11月13日、IAプラットフォームの最新版を発表した。センチメント分析、エンティティ抽出といった機能強化を行っている。

PAGE TOP