開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

テラスカイ、Salesforce画面開発ツール「SkyVisualEditor」に新版、Windowsクライアント版を追加

2019年11月15日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テラスカイは2019年11月15日、Salesforce.comのアプリケーション画面をノンプログラミングで開発できるツール「SkyVisualEditor」をバージョンアップすると発表した。2019年12月15日に新版「V12.0」を提供開始する。新版では、SilverlightとInternet Explorerのサポート終了予定にともない、Windowsクライアントソフト版を用意した。

 SkyVisualEditorは、Salesforce.comの画面をノンプログラミングで開発できるツールである(画面1)。マウスのドラッグ&ドロップ操作だけで、簡単にVisualforceページを生成できる。

画面1:SkyVisualEditor V12.0のユーザーポータル画面(出典:テラスカイ)画面1:SkyVisualEditor V12.0のユーザーポータル画面(出典:テラスカイ)
拡大画像表示

 新版では、Microsoft SilverlightとInternet Explorer 10/11のサポート終了予定にもとない、新たにWindows上で動作するクライアントソフト版の開発画面(Studio)を用意した。

 Windowsクライアント版は、ローカル上から直接起動できる。これまでのStudioに比べて処理速度が150~350%程度速いため、多くのコンポーネントを配置したページを作成しても重くならない。

 新版ではまた、Lightning Componentをノンコーディングで作成できる、Lightning Component版のStudioを用意した。これまでのSkyVisualEditorのユーザーインタフェースを踏襲している。

関連記事

Special

-PR-

テラスカイ、Salesforce画面開発ツール「SkyVisualEditor」に新版、Windowsクライアント版を追加テラスカイは2019年11月15日、Salesforce.comのアプリケーション画面をノンプログラミングで開発できるツール「SkyVisualEditor」をバージョンアップすると発表した。2019年12月15日に新版「V12.0」を提供開始する。新版では、SilverlightとInternet Explorerのサポート終了予定にともない、Windowsクライアントソフト版を用意した。

PAGE TOP