[調査・レポート]

国内のOCR市場は2023年まで年平均25.5%で成長、2023年度に160億円規模に―ITR調べ

2019年11月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイ・ティ・アール(ITR)は2019年11月19日、国内のOCR(光学文字認識)市場規模の推移と予測を発表した。2018年度のOCR市場の売上金額は52億円、前年度比45.3%増の伸びを示した。2019年度も同53.8%増の伸びを予測している。2023年度には160億円、2018~2023年のCAGR(年平均成長率)は25.5%の伸びを予測している。

 国内のOCR市場規模は、2018年から2023年にかけて年平均25.5%で伸び、2023年度には160億円の規模になる(表1)。成長の背景には、AIを活用することによる認識精度の向上や、RPA(ロボットによる業務自動化)と組み合わせたデータ入力業務の省力化といった需要がある。

表1:国内OCR市場規模の推移と予測(出典:アイ・ティ・アール)表1:国内OCR市場規模の推移と予測(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 OCRベンダーの傾向では、多言語に対応しRPAベンダーを中心に幅広くOEM(相手先ブランドによる生産)提供している米ABBYY(ABBYYジャパン)が市場を牽引している。また、Cogent LabsやAI insideなどのベンチャー企業が、AIによって手書き文字の認識率を向上させたり、読み取り項目の自動抽出などの機能を付加したりして、急成長している。他の老舗OCRベンダーも、機能強化に積極的に取り組み、販売体制の強化も進めている。

 提供形態別では、2018年度はパッケージ市場が前年度比22.0%増の伸びに対し、SaaS市場は同5倍と著しく伸びた。AI技術を利用したデータの精度向上が容易なSaaSを選択する企業が今後も増加する。これにより、2023年度にはSaaS市場が市場全体の約6割を占めると予想している。

 今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2019』に詳細を掲載している。同レポートには、RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー、デスクトップ・プロセス分析ツール、プロセス・マイニング市場の全7分野を対象に、国内56ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載している。

関連記事

Special

-PR-

国内のOCR市場は2023年まで年平均25.5%で成長、2023年度に160億円規模に―ITR調べアイ・ティ・アール(ITR)は2019年11月19日、国内のOCR(光学文字認識)市場規模の推移と予測を発表した。2018年度のOCR市場の売上金額は52億円、前年度比45.3%増の伸びを示した。2019年度も同53.8%増の伸びを予測している。2023年度には160億円、2018~2023年のCAGR(年平均成長率)は25.5%の伸びを予測している。

PAGE TOP