システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日経統合システム、Pivotalを活用したマルチクラウドの環境構築・運用代行サービスを開始

2019年11月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

データセンター事業者の日経統合システム(NAS)は2019年11月26日、クラウド型のアプリケーション開発・運用基盤「Pivotal Platform」(米Pivotal Software製)の関連サービスを提供すると発表した。Pivotal Platformの環境構築サービス、運用代行サービス、人材育成サービスなどを2019年12月から提供する。

 日経統合システムが、クラウドネイティブアプリケーションの構築を支援するSIサービスを開始する。特徴の1つは、クラウド型のアプリケーション開発・運用基盤(PaaS)である「Pivotal Platform」を利用すること。Pivotal Platformを用いることで、クラウドアプリケーションを素早く構築して配備できる、としている。

図1:Pivotalを活用したマルチクラウドの環境構築・運用代行サービスの概要(出典:日経統合システム、Pivotalジャパン)図1:Pivotalを活用したマルチクラウドの環境構築・運用代行サービスの概要(出典:日経統合システム、Pivotalジャパン)
拡大画像表示

 具体的には、Pivotal Platformの運用支援サービス、オンプレミス環境からクラウド環境への移行サービス、マルチクラウド化による事業継続を想定してクラウド環境を構築するサービス、クラウドネイティブアプリケーションの実行に必要なDevOps人材の育成サービス、などを提供する(図1)。

 日経統合システムでは、今回のサービス提供に合わせて、Pivotalのパートナープログラムである「Pivotal Ready Partner Program」(PRPP)契約を締結した。

関連キーワード

日経統合システム / Pivotal / コンテナ / PaaS

関連記事

Special

-PR-

日経統合システム、Pivotalを活用したマルチクラウドの環境構築・運用代行サービスを開始データセンター事業者の日経統合システム(NAS)は2019年11月26日、クラウド型のアプリケーション開発・運用基盤「Pivotal Platform」(米Pivotal Software製)の関連サービスを提供すると発表した。Pivotal Platformの環境構築サービス、運用代行サービス、人材育成サービスなどを2019年12月から提供する。

PAGE TOP