[新製品・サービス]

コーソル、SQLを自動でチューニングできるDB管理ツール「Toad」を販売

2019年12月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コーソルは2019年12月2日、SQLを自動でチューニングできるデータベース管理ツール「Toad」を発表した。同日販売を開始した。チューニングしたいSQL文をコンソールにペーストして分析開始ボタンを押すだけで、チューニング後のSQL文を自動生成する。価格(税別)は、Oracle Database版が28万1894円から、SQL Server版が13万7057円から。開発会社は、米Quest Software(日本法人はクエスト・ソフトウェア)。

 Toadは、SQLを自動でチューニングできるデータベース管理ツールである。チューニングしたいSQL文をコンソールにペーストして分析開始ボタンを押すだけで、チューニング後のSQL文を自動で生成する(図1)。Toadを使うことで、誰でも簡単にSQLをチューニングできるため、これまで外注していたSQLチューニングを内製化できるとしている。

図1:ToadのSQLチューニング画面。チューニングしたいSQL文をコンソールにペーストして分析開始ボタンを押すだけで、チューニング後のSQL文を自動生成する(出典:コーソル)図1:ToadのSQLチューニング画面。チューニングしたいSQL文をコンソールにペーストして分析開始ボタンを押すだけで、チューニング後のSQL文を自動生成する(出典:コーソル)
拡大画像表示

 SQLチューニング機能のほかにも、テーブルの作成などのデータベース操作をGUIで実行できる。本番環境のワークロードをキャプチャして任意の環境で再生したり、データベースをリアルタイムに監視したりといった使い方もできる。利用用途に合わせてエディションを選択できる。

 チューニング対象のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)は、Oracle DatabaseとSQL Server。Toadの稼働OSは、Windows7以降およびWindows Server 2008 R2以降。

関連記事

Special

-PR-

コーソル、SQLを自動でチューニングできるDB管理ツール「Toad」を販売コーソルは2019年12月2日、SQLを自動でチューニングできるデータベース管理ツール「Toad」を発表した。同日販売を開始した。チューニングしたいSQL文をコンソールにペーストして分析開始ボタンを押すだけで、チューニング後のSQL文を自動生成する。価格(税別)は、Oracle Database版が28万1894円から、SQL Server版が13万7057円から。開発会社は、米Quest Software(日本法人はクエスト・ソフトウェア)。

PAGE TOP