システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

薬剤師の処方鑑査や服薬指導をAIで支援、クラフトが全国の調剤薬局に導入

2019年12月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

全国に調剤薬局を展開するクラフトは2019年12月4日、AIを活用して薬剤師の対人サービスを向上させるシステム「薬剤師支援AIソリューション(AIPS:AI Personal Support)」を構築したと発表した。クラフトが展開するさくら薬局など約50店舗の調剤薬局において2019年7月から利用を開始した。2020年1月から、全国約600店舗に利用を拡大する予定である。

 「薬剤師支援AIソリューション」は、薬剤師が調剤薬局で行う、「処方鑑査」、「疑義照会」、「服薬指導」、――などの業務を支援するサービスである。薬剤師の業務の品質向上と、作業の効率化を支援する。

 例えば、薬剤師は、処方箋の内容について適切性を評価し、必要に応じて処方医に対して疑義照会を行う。また、薬の正しい使用法を患者に説明する服薬指導を行う。こうした薬剤師の対人サービス業務を、AIを活用して支援する。

 AIの活用方法として、過去から蓄積している膨大な調剤データ、さらに疑義照会や服薬指導の記録を、AI技術のパターン学習で解析している。これを利用することによって、処方の確認や疑義照会の必要性などを把握できる。

 クラフトは以前から、薬剤師が提供する対人サービスを向上させることを課題と捉え、解決方法としてAIの活用を視野に入れていた。こうした中、日本IBMのAIパッケージを使うことで、セミオーダー型で構築した。

関連記事

Special

-PR-

薬剤師の処方鑑査や服薬指導をAIで支援、クラフトが全国の調剤薬局に導入全国に調剤薬局を展開するクラフトは2019年12月4日、AIを活用して薬剤師の対人サービスを向上させるシステム「薬剤師支援AIソリューション(AIPS:AI Personal Support)」を構築したと発表した。クラフトが展開するさくら薬局など約50店舗の調剤薬局において2019年7月から利用を開始した。2020年1月から、全国約600店舗に利用を拡大する予定である。

PAGE TOP