[新製品・サービス]

量子コンピュータをAWSで利用できる「Amazon Braket」、まずは3社のマシンを利用可能

2019年12月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2019年12月4日、量子コンピュータを利用できるサービス「Amazon Braket」を発表した。開発者や研究者に向けて提供する。ベンダー3社の量子コンピュータ(D-Wave、IonQ、Rigetti)を利用できる。現時点ではプレビュー版のみ公開している。米AWSが2019年12月2日に発表したリリースの抄訳として発表した。

 米AWSが発表したAmazon Braketは、AWSを通じて各ベンダーの量子コンピュータを利用できるサービスである(図1)。現状では、3社の量子ハードウェアを利用できる。カナダD-Wave Systemsが開発した量子アニーニングマシン、米IonQが開発した量子ゲート型の量子コンピュータ(イオントラップ型)、米Rigetti Computingが開発した量子ゲート型の量子コンピュータ(超電導チップ型)である。

図1:Amazon Braketの動作の仕組み(出典:米AWS)
拡大画像表示

 AWSでは、Amazon Braketを、量子コンピュータの利用を支援するフルマネージド型のサービスとしている。量子アルゴリズムの構築、量子コンピュータシミュレーションによるアルゴリズムテスト、各種量子ハードウェアアーキテクチャの比較試験、などに利用可能な共通の開発環境を提供する。Amazon Braketを使うと、複数のベンダーと関わる必要がなく、単一の技術に制限されずに済む。

 各種の量子技術の現機能だけでなく、将来実装予定の機能も評価できる。ユーザーは、実際に使用する量子技術に関わらず、Amazon Braketの開発者向けツールキットを用いて、量子アルゴリズムをデザインできる。これにより、AWS上のソフトウェアシミュレータや量子ハードウェアの中から、アプリケーションに適した組み合わせを容易に判断できるとしている。

 AWSはまた、量子コンピューティング技術の開発を推進するため、「Amazon Quantum Solutions Lab」(AWS量子コンピューティングセンター)をカリフォルニア工科大学に設立した。同センターでは、現実社会の問題を解決することを目標に、Amazonおよび学術界の量子分野の専門家が協働し、量子コンピューティングの技術に関する長期的な課題解決や用途の研究開発に取り組む。

関連キーワード

AWS / 量子コンピュータ / 量子アニーリング

関連記事

Special

-PR-

量子コンピュータをAWSで利用できる「Amazon Braket」、まずは3社のマシンを利用可能アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2019年12月4日、量子コンピュータを利用できるサービス「Amazon Braket」を発表した。開発者や研究者に向けて提供する。ベンダー3社の量子コンピュータ(D-Wave、IonQ、Rigetti)を利用できる。現時点ではプレビュー版のみ公開している。米AWSが2019年12月2日に発表したリリースの抄訳として発表した。

PAGE TOP