[新製品・サービス]

大日本印刷、脅威インテリジェンスの活用スキルを習得する教育コースを開始

2019年12月5日(木)IT Leaders編集部

大日本印刷(DNP)と、グループ会社でサイバー攻撃への対策要員を訓練・養成するサイバーナレッジアカデミー(CKA)は2019年12月4日、脅威インテリジェンスの活用スキルを習得する2つのコース「サイバーインテリジェンスコース」および「マルウェア解析コース」を開講すると発表した。受講料(税別)は、それぞれ1人当り17万円と24万円。2020年1月に新設する。

写真1:講座風景(出典:大日本印刷)写真1:講座風景(出典:大日本印刷)
拡大画像表示

 DNPとCKAは現在、サイバー攻撃発生時の対処法を学ぶ体験型実践演習「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメント(CIRM)コース」や、顧客の要望に応じてカスタマイズしたコースを提供している。

 CIRMコースは、受講者自身のスキルを使って実践演習を行う。これにより、知識を得られる以外にも、インシデント発生時の行動を体験でき、自分に不足しているスキルも認識できる。

 今回新設した「サイバーインテリジェンスコース」と「マルウェア解析コース」は、「演習で使う専門スキルなどを掘り下げたい」という要望や、「脅威インテリジェンスを活用する手法の知識・スキルを習得したい」という要望を受けて開講する(写真1)。

 サイバーインテリジェンスコースは、イスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」の環境を活用し、サイバーインテリジェンスに関わる様々な知識やスキルを習得できる、体験学習と座学を組み合わせたコースである。情報セキュリティ部門の情報収集担当者を対象とする。期間は2日間で、オープンソース、検索エンジン、マルウェアデータベースなどを使った情報収集手法を学べる。

 マルウェア解析コースは、マルウェア解析の手法を習得できる、体験学習中心のコースである。情報セキュリティ部門や、インシデント発生時の初動対応員(ファストレスポンダー)を対象とする。期間は3日間で、表層解析・動的解析・静的解析を学べる。

関連キーワード

大日本印刷 / 教育プログラム

関連記事

Special

-PR-

大日本印刷、脅威インテリジェンスの活用スキルを習得する教育コースを開始大日本印刷(DNP)と、グループ会社でサイバー攻撃への対策要員を訓練・養成するサイバーナレッジアカデミー(CKA)は2019年12月4日、脅威インテリジェンスの活用スキルを習得する2つのコース「サイバーインテリジェンスコース」および「マルウェア解析コース」を開講すると発表した。受講料(税別)は、それぞれ1人当り17万円と24万円。2020年1月に新設する。

PAGE TOP