プロセスマイニング プロセスマイニング記事一覧へ

[新製品・サービス]

トランスコスモス、プロセスマイニングツールCelonisの導入・活用支援サービスを開始

2019年12月5日(木)IT Leaders編集部

トランスコスモスの調査/データ分析100%子会社であるトランスコスモス・アナリティクスは2019年12月4日、ドイツCelonisのプロセスマイニングツール「Intelligent Business Cloud」(IBC)の導入・活用支援と分析コンサルティングサービスの提供を開始した。2020年1月末までに発注したユーザーのうち先着5社まで分析PoCをトライアル価格(300万円から)で提供する。

 プロセスマイニングとは、企業内の業務システムから発生する大量のイベントログをパターン化し、時系列で可視化する分析技術の総称である。近年欧米を中心に多くの注目を集めている。ドイツCelonisは、プロセスマイニングツールベンダーであり、全世界で800社以上の導入実績を持つ(図1)。

図1:Celonisの概要(出典:トランスコスモス)図1:Celonisの概要(出典:トランスコスモス)
拡大画像表示

 CelonisはO2C(Order to Cash)やP2P(Purchase to Pay)の領域で多く活用されている。主要な成功事例として、購買発注ルールや社内手続きのボトルネックを発見することによって、リードタイムを短縮したり手戻りを削減したりしたケースが目立つ。

 トランスコスモス・アナリティクスは、トランスコスモスの運用現場と協力し、Celonisをアクセスログやチャットシナリオの分析に活用する実証実験(PoC)に取り組み、成果を挙げた。この結果、トランスコスモスでは2019年11月にCelonisを自社で導入し、社内業務の効率化やサービスの付加価値化に役立てている。

 今回、トランスコスモス・アナリティクスは、社内の実証実験で得たノウハウを踏まえ、ユーザー企業におけるCelonisの導入・活用支援と分析コンサルティングサービスの提供を開始する。

 Celonis導入までの流れとしては、まずは課題ヒアリングやデモを行い、約3カ月間の実証実験(PoC)を実施する。PoCでは、トライアル用のライセンスを導入し、分析環境構築を経て、事前に設定したテーマに対してデータ投入最大3回までを目安に分析作業をサポートする。トライアル価格は300万円からである。導入後も、定例会等でのアドバイスや運用・保守サポートを提供する。

関連キーワード

トランスコスモス / Celonis / プロセスマイニング

関連記事

Special

-PR-

トランスコスモス、プロセスマイニングツールCelonisの導入・活用支援サービスを開始トランスコスモスの調査/データ分析100%子会社であるトランスコスモス・アナリティクスは2019年12月4日、ドイツCelonisのプロセスマイニングツール「Intelligent Business Cloud」(IBC)の導入・活用支援と分析コンサルティングサービスの提供を開始した。2020年1月末までに発注したユーザーのうち先着5社まで分析PoCをトライアル価格(300万円から)で提供する。

PAGE TOP