[事例ニュース]

川崎重工、SAP S/4HANA導入で航空機の設計・製造プロセスを効率化、2020年7月に稼働

2019年12月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

川崎重工業の航空宇宙システムカンパニーは、航空機の設計・製造プロセスを効率化する業務アプリケーション「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations」を導入し、2020年7月に稼働させる。2019年12月5日、システム構築を担当する富士通とSAPジャパンが、システム設計を完了したことを発表した。

 川崎重工はこれまで、機体の製造業務プロセスで発生する各種の作業において、人手で作成する紙文書によって厳格な運用をしてきた。これまで以上に詳細なトレーサビリティの確保や、顧客や航空機製造認定を行う認証機関への迅速な情報開示を実現するため、資料の電子化と業務の効率化が課題となっていた。

 今回、川崎重工は、資料を電子化し、業務を効率化するため、製造業務プロセスを効率化するアプリケーションであるSAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations(画面1)を導入する。

画面1:SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operationsの操作画面(出典:独SAP)
拡大画像表示

 業務プロセスを電子化した後は、業務プロセスの電子化によって蓄積できる製造現場の精緻なデータを活用する予定である。製造現場のデータを分析することによって現場の状況をリアルタイムに把握したり、生産活動の改善に役立てたりする。

設計変更に迅速に対応できるシステムを構築

 構築するシステムの特徴の1つは、設計の変更に対して迅速に対応できるようになることである。設計時の変更情報を設計BOMから製造BOMへとスムーズに反映できるため、急な設計変更が発生した場合でも、製造現場へ技術要求を漏れなく正確に伝達できるとしている。

 別の特徴として、業務プロセスの電子化によって、詳細なトレーサビリティと業務の効率化を実現できる。各作業の作業時間や、使用した部材などの製造記録、顧客や認証機関からの要求事項への適合性を示す検査記録など、より詳細な粒度で実績情報を収集できる。

●Next:製造現場のノウハウをシステムに反映する仕組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

川崎重工業 / S/4HANA / 基幹システム / SAP

関連記事

Special

-PR-

川崎重工、SAP S/4HANA導入で航空機の設計・製造プロセスを効率化、2020年7月に稼働川崎重工業の航空宇宙システムカンパニーは、航空機の設計・製造プロセスを効率化する業務アプリケーション「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations」を導入し、2020年7月に稼働させる。2019年12月5日、システム構築を担当する富士通とSAPジャパンが、システム設計を完了したことを発表した。

PAGE TOP