[新製品・サービス]

HPE、ベアメタル/永続ストレージ使用のコンテナ基盤「HPE Container Platform」、Kubernetes、BlueData、MapRを組み合わせて提供

2019年12月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2019年12月9日、Kubernetesベースのコンテナ基盤ソフトウェア「HPE Container Platform」を発表した。コンテナをベアメタルサーバー上で動作させることや、永続ストレージを使うことに特徴がある。米Hewlett-Packard Enterprise(HPE)が2019年11月18日(現地時間)に発表したリリースの抄訳として発表した。

 HPE Container Platformは、コンテナ基盤ソフトウェアである。コンテナを配備するオーケストレーションソフトウェアのKubernetesに、コンテナを管理する制御プレーンとなる米BlueData(米HPEが買収)のソフトウェア(関連記事ネットワールド、DockerコンテナでHadoop/Sparkなどを動作させるBDaaS基盤ソフトを販売)と、永続データを保存するためのMapR分散ファイルシステム(米HPEが事業資産買収した米MapR Technologies製)――を組み合わせた。

 主な特徴は、コンテナをベアメタルサーバー上で動作させることと、コンテナが利用するデータを永続ストレージに保管することである。これにより、基幹業務システムが求める性能と信頼性を確保できるとしている。クラウドネイティブ型のアプリケーションだけでなく、既存の基幹システムをコンテナ環境に移行する用途にも向くとしている。

 コンサルティングやサポートとともに、2020年上半期から提供する。

関連記事

Special

-PR-

HPE、ベアメタル/永続ストレージ使用のコンテナ基盤「HPE Container Platform」、Kubernetes、BlueData、MapRを組み合わせて提供ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2019年12月9日、Kubernetesベースのコンテナ基盤ソフトウェア「HPE Container Platform」を発表した。コンテナをベアメタルサーバー上で動作させることや、永続ストレージを使うことに特徴がある。米Hewlett-Packard Enterprise(HPE)が2019年11月18日(現地時間)に発表したリリースの抄訳として発表した。

PAGE TOP