[新製品・サービス]

THKら4社、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」を販売、システム構築やルーターをセット提供

2019年12月10日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の4社は2019年12月10日、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」(オムニエッジ)の受注を開始すると発表した。2019年12月18日に受注を開始し、2020年1月末から出荷を開始する。価格(税別)は、月額8000円から。

 OMNIedgeは、製造業向けのIoTサービスである。機械要素部品にセンサーを取り付け、センサーから収集したデータを数値化・可視化して活用できるようにする。クラウド上の管理画面で、部品の損傷や潤滑状況を数値化して監視できる。設定したしきい値を超えた場合は、アラートメールを発報できる(図1)。

図1:OMNIedgeの概要(出典:THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ)図1:OMNIedgeの概要(出典:THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ)
拡大画像表示

 必要なシステム要素一式をまとめたパッケージサービスとして提供する。IoTセンサーシステム(THKが提供)を中核に、エッジ処理ができるルーター機器(シスコシステムズが提供)、モバイルデータ通信サービス(NTTドコモが提供)、クラウドサービス、SIベンダーによるシステム構築サービス(CTCが提供)、――などをセットで提供する。

 中核を成すIoTセンサーシステムは、センサーを使って機械要素部品の状態を可視化できるシステムである。LM(直線運動)ガイドの破損や潤滑状態、ボールねじの予圧、ガタの状態を検知できる。既に製造現場で稼働している設備にも装着できるように、後付けが簡単にできる設計になっている。

 これまで現場の作業員が感覚で確認判断していたものを数値化することで、計画的なメンテナンスが可能になり、予備在庫の管理コストを削減できる。担当者の経験やスキルを問わずに保全ができるようになる。これまでの時間管理から状態管理に移行することで、交換時期を適正化して設備稼働率を高め、全体の生産効率を向上させられる。

 OMNIedgeの第1弾として、2018年12月18日から、LMガイドの損傷・潤滑状況を数値化できる「OMNIedge」(LMガイド対応)の受注を開始する。業界を特定することなく、LMガイドを使っている装置で使用できる。第2弾として、2020年夏からボールねじに対応したOMNIedgeを提供する。

 第1弾のOMNIedgeについては、2018年10月から無償トライアルを実施した。各種業界の企業51社がトライアルを実施し、実際の装置環境下でデータ収集、解析を行った。トライアルを実施した企業のうち37社において、有償化・本格運用についての打ち合わせが進んでいる。

関連記事

Special

-PR-

THKら4社、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」を販売、システム構築やルーターをセット提供THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の4社は2019年12月10日、製造業向けIoTサービス「OMNIedge」(オムニエッジ)の受注を開始すると発表した。2019年12月18日に受注を開始し、2020年1月末から出荷を開始する。価格(税別)は、月額8000円から。

PAGE TOP