[新製品・サービス]

アクシオ、FAX受注業務をRPAで自動化するソフトウェア部品を提供、WinActorで利用可能

2019年12月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アクシオは2019年12月13日、FAX受注業務をRPA(ロボットによる業務自動化)で自動化するためのライブラリ「FAX受注業務用OnRPAライブラリ」を発表した。RPAソフトウェア「WinActor」を効率的に利用するためのライブラリ「OnRPA」シリーズの第3弾として提供する。価格は、オープン。

 「FAX受注業務用OnRPAライブラリ」は、RPAソフトウェアのWinActorを使ってFAX受注業務を自動化するためのライブラリである(図1)。クラウド型FAXサービス「TransFAX」(トランザクトが提供)と、クラウド型AI-OCRサービス「DX Suite」(AI insideが提供)を組み合わせて利用する。帳票を自動で仕分けるクラウドサービス「Elastic Sorter」(AI insideが提供)も組み込める。

図1:FAX受注業務用OnRPAライブラリの概要(出典:アクシオ)図1:FAX受注業務用OnRPAライブラリの概要(出典:アクシオ)
拡大画像表示

 ライブラリを使うと、TransFAXを使ったFAXデータの受信、DX Suiteへの画像データのアップロード、OCR結果であるCSV(カンマ区切り形式)データのダウンロード、――という一連の業務フローをWinActorで自動実行させられる。これらのサービスのAPI操作が容易になる。

 価格はオープンだが、WinActor、DX Suite、TransFAXをアクシオから直接購入したユーザーは無償で利用できる。

 アクシオはこれまで、RPA実行PCへのリモート接続ソフトウェア「OnRPA」と、複数のRPA実行PCのタスクスケジューラ管理を一元化するソフトウェア「OnRPA2」を提供してきた。今回のFAX受注業務用OnRPAライブラリは、OnRPAシリーズの第3弾として提供する。

 今後は、「OnRPAライブラリ」シリーズとして、各種のシステムやパッケージ製品との連携を容易にする標準ライブラリを提供していく。

関連記事

Special

-PR-

アクシオ、FAX受注業務をRPAで自動化するソフトウェア部品を提供、WinActorで利用可能アクシオは2019年12月13日、FAX受注業務をRPA(ロボットによる業務自動化)で自動化するためのライブラリ「FAX受注業務用OnRPAライブラリ」を発表した。RPAソフトウェア「WinActor」を効率的に利用するためのライブラリ「OnRPA」シリーズの第3弾として提供する。価格は、オープン。

PAGE TOP