[新製品・サービス]

NEC、複数台・複数タイプの自律移動ロボットを集中制御できるソフトウェアを販売

2019年12月16日(月)IT Leaders編集部

NECは2019年12月13日、複数台・複数タイプの無人搬送車(Automated Guided Vehicle:AGV)などの自律移動ロボットを集中的に管理・制御可能な自律移動ロボット管制ソフトウェア「NEC マルチロボットコントローラ」を発表した。2020年2月から販売する。ソフトウェアライセンスによる提供で、価格は個別見積り。NECは、製造・物流業などを中心に、今後3年間で工場・倉庫・物流施設など300拠点に導入することを見込んでいる。

 NECマルチロボットコントローラは、自律移動ロボットの管制ソフトウェアである(画面1)。ロボットの走行経路を算出する機能や、ロボットを集中制御する機能を備える。これにより、種類や用途の異なる自律移動ロボットを同じシステム上で集中制御できる。自律移動ロボットによる搬送業務を効率化できる。

画面1:複数台の自律移動ロボットの最適経路を計算し集中制御している管理画面(出典:NEC)画面1:複数台の自律移動ロボットの最適経路を計算し集中制御している管理画面(出典:NEC)
拡大画像表示

 これまで現場で運用してきた一方通行ルールや一時停止ルールなどを設定することで、現場のルールに適応した最適な走行経路を生成できる。さらに、突発的な業務要求や障害発生に応じて、リアルタイムに経路を更新できる。この場合は、自律移動ロボットの移動コストが最小となる走行経路を自動で算出する。

 倉庫管理システム(WMS)や製造実行システム(MES)など、既存の業務システムと連携できる。これらのシステムからの要求に応じて、自律移動ロボットを制御できる。また、自律移動ロボットから収集した情報を基に、複数の自律移動ロボット同士が干渉しないように走行させられる。

 同製品に対応する自律移動ロボットの第1弾として、不整地などでの走破性が高いトピー工業のクローラタイプ走行ロボットへの採用が決定した。2019年10月からトピー工業が実施している実証実験の終了後、2020年2月に提供を開始する。NECは今後、AGV以外にも自動フォークリフトや点検・警備ロボットなど様々な自律移動ロボットへの対応を進め、ラインアップを強化する考えだ。

 背景には、工場や倉庫などの省力・省人化のため、AGVなどの自律移動ロボットの導入が進んでいるという状況がある。一方で、人やモノが煩雑に動き回りレイアウトが動的に変化する現場や、物流量の変動により時々刻々と業務状況が変化する現場には、柔軟に対応することが難しい。また、業務内容に合わせて複数台・複数タイプの自律移動ロボットを運用するためには、煩雑な管理が必要という課題もある。

関連記事

Special

-PR-

NEC、複数台・複数タイプの自律移動ロボットを集中制御できるソフトウェアを販売NECは2019年12月13日、複数台・複数タイプの無人搬送車(Automated Guided Vehicle:AGV)などの自律移動ロボットを集中的に管理・制御可能な自律移動ロボット管制ソフトウェア「NEC マルチロボットコントローラ」を発表した。2020年2月から販売する。ソフトウェアライセンスによる提供で、価格は個別見積り。NECは、製造・物流業などを中心に、今後3年間で工場・倉庫・物流施設など300拠点に導入することを見込んでいる。

PAGE TOP