[新製品・サービス]

TIS、RPA「UiPath」の全社展開を支援、ポータルや業務テンプレートを提供

2019年12月17日(火)IT Leaders編集部

TISは2019年12月16日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「UiPath」を用いたSIサービスメニューを拡充したと発表した。新たに、「RPAコラボレーションポータル」、「RPA全社活用3か月パック」、「業務テンプレート」、――の3つのメニューを追加した。

 TISは、RPAソフトウェア「UiPath」の導入や運用などを一貫して支援するSIサービス「RPA業務自動化ソリューション」を提供している。今回、同SIサービスのメニューを拡充し、新たに3つのサービスメニューを追加した。

 新メニューの1つ、「RPAコラボレーションポータル」(画面1)は、RPAを全社活用する際に重要となる、RPAシナリオの実装計画段階から保守運用までの情報共有、ロボット監視、見える化、依頼受付など、支援業務をトータルにサポートするポータルサイトである。

画面1:RPAコラボレーションポータルの画面イメージ(出典:TIS)画面1:RPAコラボレーションポータルの画面イメージ(出典:TIS)
拡大画像表示

 「RPAシナリオ」、「RPAナレッジベース」、「お知らせ」、――による社内情報共有と、TISがRPAに関する問い合わせを回答する「RPAお問い合わせ」機能を実装している。主に、RPAのシナリオ開発に携わる業務部門ユーザーのパフォーマンスを高める。

 新メニューの1つ、「RPA全社活用3か月パック」は、RPAを全社活用する上で必要となる「全社で共通指針とするRPA活用のガイドライン」と「現場の業務部門でRPAのシナリオ開発が身につくトレーニング」について、3カ月で体制を整え、効果を実現するためのメニューである。

 トレーニングは、「テストや例外処理などの必要最低限の考え方」、「思い通りに動かないときに自ら調べ、対策する力」、――など、RPAシナリオの生産性を高めるために必要なスキルを身につける内容となっている。

 新メニューの1つ、「業務テンプレート」は、現場の業務部門でRPAシナリオを開発する際の手本となる、「発注・仕入業務」を題材としたサンプル業務のテンプレートである。TISがこれまで提供してきたRPAの「標準フレームワーク」の拡張として提供する。現場の業務部門での開発でも「標準化された枠組みでの実装」や「高生産性」を短期間で実現できるとしている。

 価格(税別)は、RPAコラボレーションポータルが個別見積もり、RPA全社活用3か月パックが450万円から、業務テンプレートは「標準フレームワーク」(200万円)に含まれる。

関連キーワード

TIS / UiPath

関連記事

Special

-PR-

TIS、RPA「UiPath」の全社展開を支援、ポータルや業務テンプレートを提供TISは2019年12月16日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「UiPath」を用いたSIサービスメニューを拡充したと発表した。新たに、「RPAコラボレーションポータル」、「RPA全社活用3か月パック」、「業務テンプレート」、――の3つのメニューを追加した。

PAGE TOP