[新製品・サービス]

キヤノン、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発

2019年12月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンは2019年12月19日、ネットワークカメラで撮影した映像から、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発したと発表した。ディープラーニング(深層学習)技術を用いる。国内では、キヤノンマーケティングジャパンが同技術を活用した映像解析ソフトウエア「People Counter Pro」を2019年12月下旬から販売する。

 キヤノンが今回開発した映像解析技術は、ディープラーニングを活用し、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする技術である(画面1)。ネットワークカメラで撮影した映像や、ビデオ管理ソフトウェアに保管した録画映像から、ディープラーニングによって人の頭部を検出する。

画面1:群衆の人数をカウントしている画面(出典:キヤノン)画面1:群衆の人数をカウントしている画面(出典:キヤノン)
拡大画像表示

 特徴は、人が密集している状況でも、人数をカウントできることである。指定した領域の中にいる人数だけを表示したり、人数の推移をグラフで表示したりすることも可能である。

 従来、群衆人数を正確に数えることは難しかった。人が密集する混雑した状況では、体の重なりや顔の向きなどの影響を受けるからである。キヤノンは、こうした課題を解決するため、ディープラーニングを活用した。

 また、対応できる画角が広いため、カメラの設置場所の自由度が高い。GPUを搭載していない一般的に使われるPCでも動作するため、システムの設置・運用コストを抑制できる。

 都市や公共施設、スタジアムなどの監視において、データを活用した警備計画の立案、警備員の効率的な配置に役立つとしている。イベント会場や店舗での集客状況の把握、広告効果の検証など、各種の用途で活用できる。

 背景には、防犯や防災、人の混雑状況の把握、マーケティングなど、各種の用途において、ネットワークカメラで撮影した映像の活用が進んでいるという状況がある。大規模なイベントなどにおいて、万全の警備や適切な誘導のため、混雑状況をリアルタイムに把握したい、というニーズが高まっている。

●Next:キヤノンMJが映像解析ソフトウェアを販売

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連記事

Special

-PR-

キヤノン、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発キヤノンは2019年12月19日、ネットワークカメラで撮影した映像から、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発したと発表した。ディープラーニング(深層学習)技術を用いる。国内では、キヤノンマーケティングジャパンが同技術を活用した映像解析ソフトウエア「People Counter Pro」を2019年12月下旬から販売する。

PAGE TOP