[新製品・サービス]

日立システムズ、マルチクラウド環境の構築・運用サービス、先進事例の知見をパッケージ化

2019年12月20日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立システムズは2019年12月20日、マルチクラウド環境向けのクラウド構築・運用管理サービスを開始すると発表した。運用管理、ネットワーク管理、セキュリティ対策などのサービスを標準化・体系化し、パッケージ化して提供する。月額制のサービスとして2020年4月から提供する。

 マルチクラウド環境向けのクラウド構築・運用管理サービスを提供する(図1)。特徴は、先進事例を基に、運用管理、ネットワーク管理、セキュリティ対策などのサービスを標準化・体系化してパッケージ化していること。これをサブスクリプション形式で月額制で提供する。

図1:マルチクラウド環境向けに提供するクラウド構築・運用管理サービスの概要(出典:日立システムズ)図1:マルチクラウド環境向けに提供するクラウド構築・運用管理サービスの概要(出典:日立システムズ)
拡大画像表示

 例えば、維持・運用面では、日立システムズのエンジニアが、複数のクラウドやネットワークの統合管理、セキュリティ対策、障害発生時の原因切り分けと復旧対策、運用レポートの作成を実施する。

 ユーザーが得られるメリットとして、マルチクラウドの運用管理業務から解放されるとしている。これにより、方針の策定やアプリケーション開発といった、本来時間をかけるべき業務に注力できるようになるとしている。

 マルチクラウド環境向けのクラウド構築・運用管理サービスを用意した背景には、個々のクラウドサービスには特徴があり、要件によっては適用しにくいケースや、想定よりもコストが高くなるケースがあるという状況がある。

 こうした経緯から、業務内容やデータの重要度、通信量などに応じて、複数のクラウドサービスや自社導入システムを組み合わせて利用するマルチクラウド環境のニーズが高まっている。

 一方で、マルチクラウド化にともない、クラウドやネットワーク、セキュリティの管理が複雑化している。また、クラウド上では、新しい技術やサービスが日々生み出されている。こうした背景から、適切なマルチクラウド環境を構成し、維持・運用、改善することが課題となっている。

関連記事

Special

-PR-

日立システムズ、マルチクラウド環境の構築・運用サービス、先進事例の知見をパッケージ化日立システムズは2019年12月20日、マルチクラウド環境向けのクラウド構築・運用管理サービスを開始すると発表した。運用管理、ネットワーク管理、セキュリティ対策などのサービスを標準化・体系化し、パッケージ化して提供する。月額制のサービスとして2020年4月から提供する。

PAGE TOP