開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NSSOL、コンテナ環境の性能を1秒単位で測るアプリケーション性能管理ソフト「Instana」を販売

2019年12月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2019年12月25日、コンテナやマイクロサービスを活用したアプリケーションの性能をリアルタイムに(1秒単位で)計測できるソフトウェア「Instana」の取り扱いを開始すると発表した。開発会社は、米Instana。

 Instanaは、アプリケーション性能管理(APM)ソフトウェアの1つである(関連記事コンテナなど次世代アプリ向けのAPM、機械学習を装備した「Instana」が登場)。サービスの応答性能やリソースの状態を監視したいシステムに対して、専用のエージェントソフトウェアをインストールして使う。監視対象となるアプリケーションのソースコードに変更を加えることなく、性能を監視できる。監視サーバー機能もSaaS型のクラウドサービスとして提供する。

図1:Instanaの概要。コンテナを活用したアプリケーションの構造を自動で把握し、性能を1秒単位で計測する(出典:日鉄ソリューションズ)図1:Instanaの概要。コンテナを活用したアプリケーションの構造を自動で把握し、性能を1秒単位で計測する(出典:日鉄ソリューションズ)
拡大画像表示

 最大の特徴は、コンテナやマイクロサービスを活用したアプリケーションの性能監視にフォーカスしたことである(図1)。仮想サーバーやコンテナなどを用いたアプリケーションの構造を自動で認識して可視化する。この上で、それぞれのコンテナなどをドリルダウンして各種の監視項目値を参照できるほか、サービスの単位でトランザクションの状態や障害がユーザーに与える影響度などを把握できる。

 コンテナベースのアプリケーションが求める開発・展開の周期に合わせ、性能を1秒単位という短い時間間隔で計測する。システムの構成に変更が加わったときなどに、リアルタイムに性能の問題を把握できる。これに対して、従来のAPMソフトウェアでは、システムで起こっている問題をリアルタイムには監視できない、としている。Instanaではまた、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリ)の実行状況も監視する。

 サービスの応答速度が下がるなど、システムの状態が「いつもと違う」トレンドを自動で検知する機能も備える。異常かどうかは、マシンラーニング(機械学習)を活用して検知する。異常時には、前後の時系列や関連システムにおいて発生したイベントをひも付けて分析することにより、原因や影響の範囲を絞り込める。

 NSSOLでは、自社のシステム開発にもInstanaを利用する。NSSOLが2020年4月に提供を開始するアプリケーション開発環境「Tetralink」において、システム開発基盤の構築時のプロビジョニングとモニタリングの自動化、およびシステム開発時の性能・品質管理の改善を目的に、Instanaを全面的に利用する。

関連記事

Special

-PR-

NSSOL、コンテナ環境の性能を1秒単位で測るアプリケーション性能管理ソフト「Instana」を販売日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2019年12月25日、コンテナやマイクロサービスを活用したアプリケーションの性能をリアルタイムに(1秒単位で)計測できるソフトウェア「Instana」の取り扱いを開始すると発表した。開発会社は、米Instana。

PAGE TOP