[市場動向]

SAPジャパン、2020年4月1日付で鈴木洋史氏が社長に就任

2020年1月7日(火)IT Leaders編集部

SAPジャパンは2020年1月6日、代表取締役社長の福田譲氏が2020年3月31日付で同職を退任し、現在、常務執行役員インダストリー事業統括の鈴木洋史氏が2020年4月1日付で昇格して代表取締役社長に就任すると発表した。

 福田譲氏は、新卒としてSAPジャパンに入社以来23年間勤務し、2014年に代表取締役社長に就任した。福田氏は、2020年4月1日付で日本の事業会社にCIO兼デジタル変革(DX)推進担当役員として入社する。

 後任の鈴木氏は、2015年にSAPジャパンにバイスプレジデント コンシューマー産業統括本部長として入社した。2018年から常務執行役員インダストリー事業統括に昇格した。全業種の大企業顧客を統括してきた。

 SAP入社前には、日本IBM、i2テクノロジーズ・ジャパン、JDAソフトウェアで要職や日本法人社長を歴任した。鈴木氏は、代表取締役社長に就任後、SAPアジアパシフィックジャパン地域のプレジデントであるスコット・ラッセル氏にレポートを行う。

 なお、福田氏と鈴木氏は、2020年3月末までの3カ月間で、顧客やパートナーに対し、円滑な経営体制の移行に注力する。

関連キーワード

SAP

関連記事

Special

-PR-

SAPジャパン、2020年4月1日付で鈴木洋史氏が社長に就任SAPジャパンは2020年1月6日、代表取締役社長の福田譲氏が2020年3月31日付で同職を退任し、現在、常務執行役員インダストリー事業統括の鈴木洋史氏が2020年4月1日付で昇格して代表取締役社長に就任すると発表した。

PAGE TOP