開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

PaaS基盤「SAP Cloud Platform」をAzure東日本リージョンで提供、SAPジャパン

2020年1月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンは2020年1月7日、クラウド型の業務アプリケーション開発基盤「SAP Cloud Platform」を、Microsoft Azureの東日本リージョンにおいて同日付で提供開始した。独SAPと米Microsoftの提携プロジェクトの一環として実現した。

 SAP Cloud Platformは、データベース管理システムのSAP HANAをベースとしたPaaS基盤である。ユーザーは、SAP Cloud Platformの機能群を使うことによって、より容易に業務アプリケーションを開発できる。

 今回、SAP Cloud Platformの提供形態の1つとして、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービスであるAzure(東日本リージョン)においてSAP Cloud Platformを提供開始した。ユーザーは、Azure上でSAP Cloud Platformを使ってアプリケーションを開発・実行できる。

 SAP Cloud PlatformをAzure上で提供することは、独SAPと米Microsoftによる広範囲な提携プログラムの一環として実現した。両社の提携によって、Azure上でのSAP S/4HANAおよびSAP Cloud Platformの導入を加速するとしている。

 SAPジャパンは、Azure上でSAP Cloud Platformを利用できるメリットをいくつか挙げている。例えば、重点業界のユーザーは、リファレンスアーキテクチャとパスを含む業種別の機能群によって、SAP ERPのオンプレミス版からSAP S/4HANAへの移行がシンプルになるとしている。また、国内データセンターを利用することから、海外のデータセンターを禁じている厳しいセキュリティポリシーにも合致する。

関連キーワード

SAP Cloud Platform / Azure

関連記事

Special

-PR-

PaaS基盤「SAP Cloud Platform」をAzure東日本リージョンで提供、SAPジャパンSAPジャパンは2020年1月7日、クラウド型の業務アプリケーション開発基盤「SAP Cloud Platform」を、Microsoft Azureの東日本リージョンにおいて同日付で提供開始した。独SAPと米Microsoftの提携プロジェクトの一環として実現した。

PAGE TOP