コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ワウテック、14カ国語を翻訳できるビジネスチャット「WowTalk」を提供

2020年1月8日(水)IT Leaders編集部

ワウテックは2020年1月7日、ビジネスチャット・社内SNSサービス「WowTalk」を強化した。Webブラウザ版とWindowsアプリケーション版の2つについて、14カ国語を翻訳できる機能を追加した。翻訳機能はこれまでもスマートフォンアプリ版のWowTalkで提供していたが、今回Windows版アプリケーション版とWebブラウザ版でも使えるようにした。

 WowTalkは、ビジネスチャット・社内SNSサービスである。基本機能として、トーク、タイムライン、通話ができる。階層型組織ツリーのメンバーリストで、連絡を取りたい人や部署をすぐに探すことができる。また、業務を円滑に遂行するためのタスク管理機能も提供する。端末を選ばずに使えるように、スマートフォンアプリ、Windowsアプリケーション、Webブラウザ、の3形態を用意している。

 今回の機能強化では、これまでスマートフォン版に限って提供していた翻訳機能を、Webアプリケーション版とWebブラウザ版でも使えるようにした。翻訳可能な言語は14カ国語で、以下の通り。

  1. インドネシア語
  2. 英語
  3. 韓国語
  4. タイ語
  5. 中国語(簡体字)
  6. 中国語(繁体字)
  7. ドイツ語
  8. ネパール語
  9. ヒンディー語
  10. フィリピン語
  11. ベトナム語
  12. ポルトガル語
  13. マレーシア語
  14. 日本語

 翻訳機能によって、グローバル展開している企業や、これから海外進出を目指す企業を支援する。国内をメインに事業展開している企業でも、外国人を雇用する際のコミュニケーションに活用できる。

 ワウテックは今後、要望により対応言語を追加する。また、業界やその国特有の言い回し(フレーズ)なども高精度に翻訳できるように、精度の向上にも取り組む。

関連記事

Special

-PR-

ワウテック、14カ国語を翻訳できるビジネスチャット「WowTalk」を提供ワウテックは2020年1月7日、ビジネスチャット・社内SNSサービス「WowTalk」を強化した。Webブラウザ版とWindowsアプリケーション版の2つについて、14カ国語を翻訳できる機能を追加した。翻訳機能はこれまでもスマートフォンアプリ版のWowTalkで提供していたが、今回Windows版アプリケーション版とWebブラウザ版でも使えるようにした。

PAGE TOP