[新製品・サービス]

TIS、清掃や警備などを担うサービスロボットの導入支援コンサルティングを開始

2020年1月8日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2020年1月8日、施設管理などを目的としたサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」を発表した。個々のニーズに沿ったサービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、システム構築・運用サービスと組み合わせて提供する。

 ロボット導入コンサルティングサービスは、運搬、清掃、案内、警備などの業務を担うサービスロボットを実現するためのコンサルティングサービスである(図1)。個々のニーズに沿ったサービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、システム構築・運用サービスと組み合わせて提供する。サービスロボットが業務を代行する仕組みの企画・検証から、実際のシステム導入・運用までをワンストップで支援する。

図1:ロボット導入コンサルティングサービスの概要(出典:TIS)図1:ロボット導入コンサルティングサービスの概要(出典:TIS)
拡大画像表示

 SIベンダーとしての実績とロボットシステム開発の知見を活かし、運搬、清掃、案内、警備などの業務を担う自動走行のサービスロボットを実現するとしている。ベンダーの選定にあたっては、ユーザーの多種多様な課題を解決するため、特定ベンダーの製品やサービスに依存しない中立的な立場でコンサルティングを実施する。

 背景には、労働者が不足している状況がある。一方で、サービスロボットの実用化には、アーキテクチャや仕様・規格が異なるロボット同士の作業を連携させるプロセス制御や、センサーと連動して操作できる仕組みなど、多分野でのIT技術が必要不可欠となっている。TISは、SIサービスによって、こうした課題を解消する。

 ロボットやIoTデバイスの統合管理と企業システム間連携を実現するソフトウェア「RoboticBase」(TIS製)を活用する。サービスロボットを管理する機能(稼働監視、タスク管理、ロボット制御、リスク管理、資産管理、オープンデータ連携、データ分析、レコメンド、決済連携など)を備えており、これを利用することで高品質なシステムを高速に開発できるとしている。

 ロボット導入コンサルティングサービスのメニューは、表1の通り。

表1:ロボット導入コンサルティングサービスのメニュー
メニュー 概要
ロボットアセスメント ロボティクスを適用する対象業務、タスクの整理と、実現性や課題、費用対効果を整理する。必要に応じて導入のための実証検証を行う
ロボットシステム導入計画支援 ロボットシステムの導入体制、役割分担、スケジュール、コスト計画や新規システム開発、既存システムとのインタフェース、UI、アーキテクチャなどを整理する
ロボットシステム要件定義支援 人とロボットの作業分担やユーザエクスペリエンスの観点から、業務プロセスの再設計を行う
ロボットマニュアル作成支援 既存のロボット運用マニュアルが十分でない場合、新業務にあわせてユーザフレンドリーなロボット運用マニュアル作成を支援する
ロボットコンテンツ作成支援 案内ロボットなどのコンテンツ作成は、多言語対応や作成ツールごとに異なっている。これに対して、デザインまで包括したコンテンツ作成を支援する
ロボットシステム導入支援 ロボットやIoTデバイスを含めたシステム全体を実環境に導入支援する。導入中の保守対応として、電話やメール以外に、現地でのサポート、障害対応も行う
ロボットユーザー評価・教育支援 ロボットシステムが当初の目標値、KPIを達成できているかの定期的なチェック、レポーティングや、利用するユーザーへの研修・教育実施の支援をする
関連記事

Special

-PR-

TIS、清掃や警備などを担うサービスロボットの導入支援コンサルティングを開始TISは2020年1月8日、施設管理などを目的としたサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」を発表した。個々のニーズに沿ったサービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、システム構築・運用サービスと組み合わせて提供する。

PAGE TOP