開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

サイボウズ、クラウド型の業務アプリ開発・実行環境「kintone」にIF関数を追加、表計算から移行しやすく

2020年1月14日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイボウズは2020年1月14日、クラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境「kintone(キントーン)」を強化したと発表した。新たに「IF関数」を利用できるようにした。2020年1月12日から提供している。今後、2020年2月に「ROUND関数」(四捨五入)を提供する予定である。

 kintoneは、業務用のWebアプリケーションをドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で手軽に開発できる、PaaS型のクラウドサービスである。営業の案件管理やプロジェクトの進捗管理、タスク管理、社員の業務日報など、各種のWebアプリケーションをプログラミングすることなく構築できる。また、kintoneが用意しているWeb APIを利用することで、任意のアプリケーションとデータ連携できる。

 今回、kintoneの機能を強化し、条件の真偽を判定して結果を返すことができるIF関数を利用できるようにした(画面1)。kintoneの計算フィールドまたは文字列1行フィールドの計算式にIF関数を利用できる。関数の表記は「IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)」で、論理式が真であれば真の場合の値を返し、偽であれば偽の場合の値を返す。

画面1:IF関数を使い、出張先に応じて出張手当の金額を自動で変える例(出典:サイボウズ)画面1:IF関数を使い、出張先に応じて出張手当の金額を自動で変える例(出典:サイボウズ)
拡大画像表示

 表計算ソフトに類似した記述ができることから、表計算ソフトを使った業務をkintoneに移行しやすくなった。例えば、支給する金額を条件によって変えるといった業務に活用できる。出張先が国内だった場合は出張手当に2000円を入力し、出張先が東南アジアだった場合は出張手当に2500円を入力する、といった処理を容易に実現できる。

 2020年2月には、ROUND関数を実装する予定である。ROUND関数(四捨五入)、ROUNDDOWN関数(切り捨て)、ROUNDUP関数(切り上げ)を追加する。

関連キーワード

kintone

関連記事

Special

-PR-

サイボウズ、クラウド型の業務アプリ開発・実行環境「kintone」にIF関数を追加、表計算から移行しやすくサイボウズは2020年1月14日、クラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境「kintone(キントーン)」を強化したと発表した。新たに「IF関数」を利用できるようにした。2020年1月12日から提供している。今後、2020年2月に「ROUND関数」(四捨五入)を提供する予定である。

PAGE TOP