[新製品・サービス]

NTTデータGSL、SAP S/4HANAへの移行を支援するSIサービスを体系化

2020年1月15日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2020年1月14日、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行を支援するSIサービス「i-KOU! SAP S/4HANA 移行アセスメント・PoCサービス」を発表した。同年1月15日から提供する。現在SAP ERPを利用しているユーザー企業をターゲットに、2020年に年間20件の受注を見込む。

 NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)の「i-KOU! SAP S/4HANA 移行アセスメント・PoCサービス」は、ユーザー企業が既存のSAP ERPシステムをSAP S/4HANAへと移行する作業を支援するSIサービスである。円滑にSAP S/4HANAに移行することを目的に、既存システムのアセスメントやPoC(概念実証)を実施する。この上で、実際の移行作業を実施する。実績があるSAP S/4HANAへの移行サービスを整理してメニュー化を図ったサービスであり、分かりやすい体系で提供するとしている(図1)。

図1:i-KOU! SAP S/4HANA 移行アセスメント・PoCサービスの概要(出典:NTTデータ グローバルソリューションズ)
拡大画像表示

 再構築やシステムコンバージョンなど、複数の移行方法をユーザーに合わせて提供する。SAP ERPとSAP S/4HANAは機能や内部のデータ構造が異なるという状況があるため、単純な移行が難しいという側面からのアプローチだという。

 例えば、「Greenfield(再構築)の方法では、新規にSAP S/4HANA環境を構築する。「Brownfield(コンバージョン)」の方法では、現行のSAP ERPをSAP S/4HANAに変換して移行する。また、独SNPのツールを使用する「BLUEFIELD」では、システムを先にS/4HANA化し、データを複数回に分けて移行する方法をとる。

●Next:i-KOU!のメニュー構成と価格

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

NTTデータグローバルソリューションズ / SAP ERP / S/4HANA / SAP2025年問題 / SIer

関連記事

Special

-PR-

NTTデータGSL、SAP S/4HANAへの移行を支援するSIサービスを体系化NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2020年1月14日、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行を支援するSIサービス「i-KOU! SAP S/4HANA 移行アセスメント・PoCサービス」を発表した。同年1月15日から提供する。現在SAP ERPを利用しているユーザー企業をターゲットに、2020年に年間20件の受注を見込む。

PAGE TOP