[新製品・サービス]

IIJ、Google Cloudの取り扱いを開始、AWSやAzureに加えてクラウドラインアップを拡充

2020年1月22日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年1月22日、クラウドサービスのラインアップを拡充し、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」のライセンス販売を同日付で開始したと発表した。料金は、個別見積もり。

 IIJはこれまで、自社のクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)インフラストラクチャーP2」のほか、「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」、「Microsoft Office 365」、「VMware Cloud on AWS」、――などのクラウドサービスを販売してきた。

 今回、販売するクラウドサービスのラインアップを拡充した。各種クラウドサービスのライセンスを販売する「IIJクラウドサブスクリプションライセンス」のサービスラインアップにGCPを追加し、「IIJクラウドサブスクリプションライセンス/GCP」として提供する。

 ライセンスの販売に加えて、製品サポートも別途有償で提供する。また、今後は、GCPに加えてSaaS型のグループウェアである「G Suite」のライセンスも販売する予定である。

 なお、IIJは、GCPのリージョンとユーザーサイトの間を閉域網で接続する「IIJクラウドエクスチェンジサービス」を提供している。これを併用することで、安全なネットワーク環境下でマルチクラウド環境を構築・運用できる。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、Google Cloudの取り扱いを開始、AWSやAzureに加えてクラウドラインアップを拡充インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年1月22日、クラウドサービスのラインアップを拡充し、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」のライセンス販売を同日付で開始したと発表した。料金は、個別見積もり。

PAGE TOP