アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

シーアイエス、AIを活用した社内文書検索クラウドサービス「Arrow Search」をリリース

2020年1月24日(金)IT Leaders編集部

JBCCホールディングスの事業会社で、中部地区に密着したビジネスを行っているシーアイエス(CIS)は2020年1月23日、企業内の情報を検索できるクラウドサービス「Arrow Search」を1月下旬から提供すると発表した。

 Arrow Searchは、情報検索システムをクラウドで提供するサービスである(図1)。AI技術と、CISが独自に開発したテンプレートを組み合わせた。企業内にある膨大な文章から、入手したい文章を簡単に素早く探し出せるとしている。これにより、オフィス業務の生産性が向上する。

図1:Arrow Searchの概要(出典:シーアイエス)図1:Arrow Searchの概要(出典:シーアイエス)
拡大画像表示

 特徴は、人の話し言葉で質問を入力できることと、キーワードが完全に一致しなくても検索できること。さらに、保管場所や文書形式を意識せずに横断的に検索できる。また、利用者自身が検索の精度を継続的に向上させられる。

 企業内の幅広い部門で利用できる。製造技術部門における技術文書から、営業部門の提案資料、製品カタログ、人事・総務部門の規定書類、情報システム部門のヘルプデスクでの問い合わせ対応記録、マニュアル、Q&Aなどを検索対象にできる。

  価格(税別)は、初期費用(クラウド初期設定、初回データ登録支援、操作説明を含む)が90万円で、月額費用は取り扱い文書数が5万文書までで18万5000円から。文書数により複数の月額料金を用意している。販売目標は、1年間で50社。
 

関連キーワード

JBCC / CIS / 検索

関連記事

Special

-PR-

シーアイエス、AIを活用した社内文書検索クラウドサービス「Arrow Search」をリリースJBCCホールディングスの事業会社で、中部地区に密着したビジネスを行っているシーアイエス(CIS)は2020年1月23日、企業内の情報を検索できるクラウドサービス「Arrow Search」を1月下旬から提供すると発表した。

PAGE TOP