[新製品・サービス]

キューアンドエーワークス、PC操作ログから業務内容を可視化してRPA対象業務を抽出するサービス

2020年1月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キューアンドエーワークスは2020年1月29日、クライアントPCの操作ログデータを分析することによって、業務改善のポイントやRPA(ロボットによる業務自動化)を適用すべき業務を抽出するサービス「RoboRoid-HIT.s log」(ロボロイドヒッツログ)を発表した。同日販売を開始した。

 RoboRoid-HIT.s logは、クライアントPCの操作ログを分析することによって、業務改善のポイントやRPAを適用すべき業務を抽出するサービスである。ベース技術として、NTT西日本が提供するPC操作ログ分析ソフトウェア「おまかせAI働き方みえ~る」を使う。

 RPAを導入する際の課題を解消できるとしている。例えば、「従業員の働き方が把握できていないため、RPA化すべき業務が分からない」といった課題や、「業務の属人化で業務プロセスが分からない」といった課題を解消するとしている。

 従業員が利用するクライアントPCに、おまかせAI働き方みえ~るの専用ソフトウェアをインストールして利用する。これにより、毎日のPC操作ログを自動で取得して分析し、従業員の働き方を可視化する。これにより、PRA化すると効果が出る業務が分かる。

 RoboRoid-HIT.s logによって、時間外労働時間や業務中の作業内訳など、従業員の勤務実態を可視化できる。業務内容も可視化できる。作業パターンごとの稼働時間、作業パターンごとの稼働人数、作業パターンごとの作業フロー、従業員が利用しているアプリケーションやファイル、Web閲覧履歴、ファイルごとの印刷作業、――などが分かる。

 価格(税別)は、「料金プランA」の場合、初期費用が1万円で、月額基本料が2000円+1台あたり1400円。なお、この価格は、「おまかせAI働き方みえ~る」の料金と同じである。「料金プランB」の場合、月額基本料はなく、PC×10台、3カ月の利用料を含んで40万円から。

関連記事

Special

-PR-

キューアンドエーワークス、PC操作ログから業務内容を可視化してRPA対象業務を抽出するサービスキューアンドエーワークスは2020年1月29日、クライアントPCの操作ログデータを分析することによって、業務改善のポイントやRPA(ロボットによる業務自動化)を適用すべき業務を抽出するサービス「RoboRoid-HIT.s log」(ロボロイドヒッツログ)を発表した。同日販売を開始した。

PAGE TOP