ブロックチェーン ブロックチェーン記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTテクノクロス、ブロックチェーンを活用したビジネスを検証する「ContractGate PoC Service」を発表

2020年2月5日(水)IT Leaders編集部

NTTテクノクロスは2020年2月4日、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を活用したビジネスの検証を行う基盤「ContractGate PoC Service」を発表した。同年3月6日から提供する。価格(税別)は、一式500万円から(利用は2カ月間から可能)。PoC適用支援、業務アプリケーションプロトタイプ開発、環境準備など含め、要望に応じて柔軟に対応する。

 NTTテクノクロスの「ContractGate PoC Service」は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を活用したビジネスの検証を行うクラウド型の基盤サービスである(図1)。ブロックチェーンの動作を可視化するツール「ContractGate/Monitor」や、ブロックチェーンの耐改竄性やトレーサビリティ(追跡可能性)を生かして電子チケット取引を管理するツール「ContractGate/Pass」をクラウド環境上にインストールして提供する。

図1:ContractGate PoC Serviceのイメージ(出典:NTTテクノクロス)図1:ContractGate PoC Serviceのイメージ(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示

 ブロックチェーンの検証に必要な環境を、短期でも利用可能なオールインワンの基盤サービスとして提供する。ユーザーは必要以上の資産を持つ必要がなくなり、コストを抑えられる。また、ブロックチェーンを用いたビジネスの開発から評価検証までをNTTテクノクロスがサポートする。ユーザーは、容易にブロックチェーンビジネスの検討に取り組めるようになる。

 ContractGate/Monitorは、ブロックチェーンのブロックが生成されて情報が管理されている状況などを、リアルタイムに分かりやすくグラフや図で表示できるツールである。ブロックチェーンを活用したサービスの運用状態を見える化することで、検証成果の説明などに活用できる。

 ContractGate/Passは、ブロックチェーンで管理しているチケット情報をQRコードに変換してスマートフォンで表示するほか、チケット利用者本人の照合を行うツールである。ブロックチェーンの耐改竄性やトレーサビリティを生かして、チケット売買など流通の管理や、利用者同士によるチケットの正当な譲渡を可能にする。これにより、新たなビジネスの可能性につなげることができる。

関連キーワード

ブロックチェーン / NTTテクノクロス / PoC

関連記事

Special

-PR-

NTTテクノクロス、ブロックチェーンを活用したビジネスを検証する「ContractGate PoC Service」を発表NTTテクノクロスは2020年2月4日、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を活用したビジネスの検証を行う基盤「ContractGate PoC Service」を発表した。同年3月6日から提供する。価格(税別)は、一式500万円から(利用は2カ月間から可能)。PoC適用支援、業務アプリケーションプロトタイプ開発、環境準備など含め、要望に応じて柔軟に対応する。

PAGE TOP