開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTデータビジネスシステムズ、先進システムのPoC環境をサービス化、第1弾はAIヘルプデスク

2020年2月5日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータビジネスシステムズは2020年2月5日、AIなどの先進技術を組み込んだシステムのトライアルを短期に開始できるPoC(概念検証)環境「imforce Labトライアル環境」を発表した。第1弾として、AIを活用したヘルプデスクシステムのPoC環境をリリースした。申し込みから数日で検証を開始できるとしている。

 NTTデータビジネスシステムズの「imforce Labトライアル環境」は、AIなどの先進技術を組み込んだアプリケーションのトライアルを短期に開始できるPoC環境である。NTTデータイントラマートのクラウドサービス「Accel-Mart」上にPoC環境を構築して提供する。アプリケーションの実行環境やサンプルデータを提供するため、PoC実施までの時間とコストを圧縮できる。

 目的や要望に合わせて利用できる。例えば、「まずはどのようなものか試したい」ケースに対しては、サンプルデータを設定したPoC環境を提供する。一方、「本格導入に向けて自社のデータで検証したい」ケースに対しては、ユーザーが用意した実データを利用できる環境を提供する。

 第1弾として、AIを活用したヘルプデスクシステムのPoC環境を提供する。NTTデータビジネスシステムズが提供しているintra-martサービスに、オルツが開発しているパーソナル人工知能「P.A.I.」の研究課程で生まれた意図解釈エンジンなどの要素技術を組み合せた。

 提供するヘルプデスクのPoC環境は、コールセンターや店舗、社内ヘルプデスクなどの業務に適応する。AIが質問の意図を自動的に分類し、適切な回答を画面に表示できる。ヘルプデスクの担当者は、蓄積したFAQを検索することなく、ヘルプデスク業務を完了できる。

 従来、ユーザーがヘルプデスクのPoC環境を構築する場合、製品サービスの選定、構築、整備といった工程に数週間を要していた。これに対して、imforce Labトライアル環境を使うと、数日でヘルプデスクシステムの検証を開始できる。

 PoC環境をサービス化して提供する背景には、ユーザーから先進技術の活用に関するトライアルの相談が増えている状況がある。従来は、個々のユーザーの依頼に合わせて個別にPoC環境を用意していた。今回、ユーザーの端末やネットワークから直接アクセス可能で、すぐに利用できるPoC環境をサービス化した。

関連キーワード

NTTデータビジネスシステムズ / PoC / ヘルプデスク

関連記事

Special

-PR-

NTTデータビジネスシステムズ、先進システムのPoC環境をサービス化、第1弾はAIヘルプデスクNTTデータビジネスシステムズは2020年2月5日、AIなどの先進技術を組み込んだシステムのトライアルを短期に開始できるPoC(概念検証)環境「imforce Labトライアル環境」を発表した。第1弾として、AIを活用したヘルプデスクシステムのPoC環境をリリースした。申し込みから数日で検証を開始できるとしている。

PAGE TOP