開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ローコード開発コミュニティ、花束販売システムのリファレンス実装を開発ツール評価用に無償提供

2020年2月10日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

業務システムの超高速開発に取り組むコミュニティ組織「ローコード開発コミュニティ」(旧称:超高速開発コミュニティ)は2020年2月10日、「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始すると発表した。同一のシステム仕様にもとづく実装版を見ることで、各ツールの特性や方向性を確認できる。

 ローコード開発コミュニティは、ローコード開発の普及・啓発活動を行うコミュニティ組織である(関連記事超高速開発コミュニティが「ローコード開発コミュニティ」に名称を変更)。ローコード開発(考え方、手法、ツール)の認知度の向上や、ローコード開発の適切な活用方法と効果の啓蒙、技術者への実践的活用ノウハウの共有、などをミッションに掲げている。ユーザー企業は会費無料で正会員になれる(会員リストには載る)。

 2018年12月には、「ローコード開発リファレンスモデル分科会」が発足した(図1)。活動の内容は、ツールベンダー各社が、規定のシステム要件にもとづいて「実際に動作するシステム」を開発し、導入検討用資料として会員に無償で提供するというもの。カタログや営業トークからは分からない、各ツールのリアルを体感できることを目的としている。

図1:「ローコード開発リファレンスモデル」のイメージ図(出典:ローコード開発コミュニティ)図1:「ローコード開発リファレンスモデル」のイメージ図(出典:ローコード開発コミュニティ)
拡大画像表示

 ユーザー企業の開発案件は、案件ごとに、業務システムの規模や種類、開発チームのスキルレベル、プロジェクトの予算と期間といった条件が異なる。リファレンスモデルを参照すると、それぞれの開発案件に適した超高速開発ツールを選択できるようになるとしている。

●Next:会員向けに提供される最初のリファレンスモデルは「花束問題」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

ローコード開発 / 超高速開発

関連記事

Special

-PR-

ローコード開発コミュニティ、花束販売システムのリファレンス実装を開発ツール評価用に無償提供業務システムの超高速開発に取り組むコミュニティ組織「ローコード開発コミュニティ」(旧称:超高速開発コミュニティ)は2020年2月10日、「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始すると発表した。同一のシステム仕様にもとづく実装版を見ることで、各ツールの特性や方向性を確認できる。

PAGE TOP