リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

DX推進に伴うデジタルガバナンスの構築支援サービス─ニュートン・コンサルティング

2020年2月12日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リスクマネジメントコンサルティングを手がけるニュートン・コンサルティングは2020年2月12日、「デジタルガバナンス構築支援サービス」を開始すると発表した。ユーザー企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するにあたって必要になる“デジタルガバナンス”の構築を支援する。成果物として、「テクノロジーリスクマップ」や「デジタルガバナンス規程」などを作成する。価格(税別)は400万円から。

 ニュートン・コンサルティングの「デジタルガバナンス構築支援サービス」は、ユーザー企業がデジタル変革(DX)を推進するにあたって必要になる“デジタルガバナンス”の構築を支援するサービスである(図1)。ユーザー企業が利用中のデジタル技術や、将来利用する予定のデジタル技術に対してリスクを分析し、ユーザー企業独自のデジタルガバナンスの体制、ポリシー、規程などを構築・策定する。

図1:デジタルガバナンス構築支援サービスの流れ(出典:ニュートン・コンサルティング)図1:デジタルガバナンス構築支援サービスの流れ(出典:ニュートン・コンサルティング)
拡大画像表示

 サービス実施期間は3カ月から。第1段階として、2~4週間かけて、経営者または事業責任者への聞き取りインタビューを基に、方針やスケジュールを合意する。第2段階として、概ね4週間以上かけて、現場部門長へのヒアリングやアンケート調査によって、現状を調査する。第3段階として、概ね4週間以上かけて、ワークショップを介したアセスメントなどを基に、ルールを整備する。

 サービスを提供する背景には、多くの企業がDXを推進している一方、デジタル技術に対するガバナンスなどのルールの整備が後手に回っているという状況がある。AIやIoTなどのデジタル技術は、個別最適の観点から各事業部が導入するため、全社共通の導入の指針がないか、あっても現場におりていない。こうした課題によってDXの推進が足止めされないように支援するとしている。

●Next:デジタルガバナンス構築支援サービスの具体的内容・ステップ

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

COBIT / DX推進指標 / ニュートン・コンサルティング / ITガバナンス

関連記事

Special

-PR-

DX推進に伴うデジタルガバナンスの構築支援サービス─ニュートン・コンサルティングリスクマネジメントコンサルティングを手がけるニュートン・コンサルティングは2020年2月12日、「デジタルガバナンス構築支援サービス」を開始すると発表した。ユーザー企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するにあたって必要になる“デジタルガバナンス”の構築を支援する。成果物として、「テクノロジーリスクマップ」や「デジタルガバナンス規程」などを作成する。価格(税別)は400万円から。

PAGE TOP