[新製品・サービス]

IIJとソフトクリエイト、Windowsファイルサーバーをクラウド型で提供

2020年2月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)とソフトクリエイトは2020年2月13日、Windowsファイルサーバーをクラウド型で利用できる「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を共同開発したと発表した。2020年4月1日から提供する。

 SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービスは、Windowsファイルサーバーをクラウド型で利用できるサービスである(図1)。マネージド型で提供することで管理者の運用負担を軽減する。

図1:SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ、ソフトクリエイト)図1:SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ、ソフトクリエイト)
拡大画像表示

 アクセス権限管理(ACLs)、ボリュームシャドウコピー(VSS)、クォータ制限など、Windowsファイルシステムが持つ機能をそのまま利用できる。オンプレミスのWindowsサーバーと同様に利用できる。

 価格(税別)は、初期費用が30万円。月額費用は、最小構成となる容量1Tバイトの品目「ファイルサーバ 1TB」の場合、月額10万円(バックアップ2世代保持)または月額11万4000円(バックアップ7世代保持)。最大構成は10Tバイトで、2020年度上半期には20Tバイトの品目も追加する。

 CPUとメモリーも増強できる。標準では2CPUコア、4Gバイトメモリーの構成だが、初期費用6万円でリソースを変更できる。最大構成となる4CPUコアおよびメモリー16Gバイトの場合、追加料金は月額3万円。

 主な提供機能は、表1の通り。

表1:主な提供機能
機能 概要
ファイルサーバー機能 Windowsファイルサーバー機能
クォータ設定 ドライブ/フォルダ単位で利用量の上限を設定
アクセス権限設定 フォルダ/ファイルのアクセス権限設定
Active Directory連携 ADと連携可能
スナップショット WindowsのVSS機能を利用したスナップショット取得
バックアップ データのフルバックアップ取得(保存世代数は2世代か7世代を選択可能)
アンチウイルス アンチウイルス機能を提供

 なお、同サービスは、IIJのクラウド基盤技術と、ソフトクリエイトが持つWindowsサーバーの知見を融合してサービスを開発したとしている。IIJのネットワークサービスとともに両社で販売する。例えば、アクセス回線にIIJの「IIJ Omnibusサービス」を組み合わせると、プライベート接続環境下でファイルサーバーを利用できる。

 このほか、Active Directory(AD)やWindows Server Update Services(WSUS)の機能をクラウドで利用できる「IIJディレクトリサービス for Microsoftや、Windowsのデスクトップ環境にリモートからアクセスできる「IIJ仮想デスクトップサービス」など、IIJの各種のクラウドサービスを組み合わせて利用できる。

関連キーワード

インターネットイニシアティブ / ソフトクリエイト

関連記事

Special

-PR-

IIJとソフトクリエイト、Windowsファイルサーバーをクラウド型で提供インターネットイニシアティブ(IIJ)とソフトクリエイトは2020年2月13日、Windowsファイルサーバーをクラウド型で利用できる「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を共同開発したと発表した。2020年4月1日から提供する。

PAGE TOP