[新製品・サービス]

NTTドコモとSAPジャパン、中小・中堅建設業向けクラウドERP「ランドログERP」を共同開発

2020年2月14日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTドコモとSAPジャパンは2020年2月14日、中小・中堅建設企業に向けたクラウド型のERP(統合基幹業務システム)を共同で開発すると発表した。名称は「ランドログERP(仮称)」で、2020年度下期の提供を目指す。試験導入企業とシステム連携パートナーも募集する。

 NTTドコモとSAPジャパンが共同で開発する「ランドログERP(仮称)」は、中小・中堅建設企業向けのクラウドERPである(図1)。別々のシステムで管理していることの多い工事原価管理、財務会計、販売管理、購買管理、顧客管理などの業務を一元的に管理するための機能を提供する。

図1:「ランドログERP(仮称)」のシステムイメージ(出典:NTTドコモ、SAPジャパン)図1:「ランドログERP(仮称)」のシステムイメージ(出典:NTTドコモ、SAPジャパン)
拡大画像表示

 現在、中小・中堅建設企業は、事務作業の効率化や生産性向上、働き方改革などを目的に、工事書類の一元管理や工事原価の管理といったIT化を進めている。しかし、現状では、各々のシステムが独立しており、それぞれのデータがリアルタイムにつながっていない状況だという。

 ランドログERPの開発にあたっては、SAPジャパンの中堅・中小企業向けERP「SAP Business One」をベースにしつつ、建設業界特有の会計機能を追加開発して搭載する(関連記事SAPジャパン、中堅・中小向けERP新版「SAP Business One 9.3」、返品依頼伝票を追加)。これを中小・中堅建設企業が導入しやすい価格で提供する。

●Next:仮称の由来でもあるランドログERPの特徴、トライアルユーザーの募集

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

NTTドコモ / SAP Business One / SAP / LANDLOG / 建設 / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

NTTドコモとSAPジャパン、中小・中堅建設業向けクラウドERP「ランドログERP」を共同開発NTTドコモとSAPジャパンは2020年2月14日、中小・中堅建設企業に向けたクラウド型のERP(統合基幹業務システム)を共同で開発すると発表した。名称は「ランドログERP(仮称)」で、2020年度下期の提供を目指す。試験導入企業とシステム連携パートナーも募集する。

PAGE TOP